ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

1/1スケールで工作するのー。そして薪割り係で焚き火ステーキ係で、保線員で、お花担当ですっ!

薪ストーブ

薪ストーブ着火と郵便受け大移設の巻

薪ストーブ始動 「突然寒くなってきたから、慌てて焚きつけを割って、薪を輸送してきましたっ!」 薪ストーブの煙突は掃除してあって、いつでも始動可能なのね。 そして、薪を枕にして、焚き付けを寝かせて、下から新聞紙で着火 つけた直後から、何故か猫の…

薪ストーブメンテナンス。イスカンダルからの召喚物!

〜前回までのあらすじ〜 今回の部品が壊れたのは、ちょうど一年前だったらしい。 破壊された薪ストーブの空気調節レバーの現場 そして我々は、その失われた古代テクノロジーの交換パーツを、宇宙の彼方の惑星イスカンダルで発見したのだった! そしてそのパ…

薪ストーブのメンテナンスと、伝説のファイヤーエンジン

〜前回までのあらすじ〜 間も無く極寒の冬が終わろうかという頃、クリスマスローズがその小さな蕾を開き出した。 だが、その華やかな春のワンシーンの裏で、薪ストーブの煙突に重大な問題が生じていた! その原因を探るべく、ライル一行は決死の覚悟で、前人…

薪ストーブ煙突掃除の秘密!後編

〜前回までのあらすじ〜 ライルランドの主暖房である薪ストーブ。だがそのシーズン途中で薪ストーブの調子が悪化した。 天空にそびえる煙突最上部へ向かうべく、決死の山岳レスキュー隊を結成したライル一行。 一行は幾多の難関を潜り抜け、やっと雲に覆われ…

薪ストーブ煙突掃除の秘密と、襲いかかる妨害工作!

〜前回までのあらすじ〜 ライルランド全土の暖房システム。それはこのバーモントキャスティングの、小さな薪ストーブが一手に担っているのだった。 そして今シーズンも、幾度となく謎の侵入者に襲われ、吸気口レバーの破壊工作などの危機的状況に見舞われつ…

シールドバグ退治と薪作りの日々

〜前回までのあらすじ〜 遂に薪ストーブシーズンに突入したライルランド。薪があるのを良いことに、年々薪ストーブの稼働時期が早まっているという噂も。 猫の集会所と化した、全館薪暖房システムを稼働させるため、日々薪と格闘するライルランドの森林作業…

恐怖のバジリスク襲来と、薪ストーブ支度

〜前回までのあらすじ〜 薪ストーブの煙突に潜入してきた、謎生物を救出するライル一行。 だが救出の瞬間、か弱き雀に変装していた敵スパイは逃走したのだった。 そんな中、今年も薪ストーブの着火時期が近づいてきた折に、またもや! 再び潜入者 「緊急警報…

破壊された薪ストーブの空気調節レバーの現場検証

昨晩も冷え込んだから、寝る前に熾火沢山作っておいたのね。 そして燃焼も安定したので、空気調整レバーを絞ろうとしたら、突如ヌルッとテンションがゼロになった! 「げ、何かが切れたかっ!」 空気調節レバーはストーブ下側の蓋にチェーンで繋がってるのね…

伝説の円筒探索クエストと、アクリル加熱変形的DIY

昨日見かけたプロの伐採現場の続報ですっ! 「おお、なんという早業!もう何本も切り倒されてる!」 「そしてーこっちの大木も時間の問題だとっ」 そして一方、ライルランドを騒がせているのは街灯復旧問題。 通販で買った街灯の曲面ガラスが何者かの手によ…

寒空の薪ストーブの煙突掃除の巻

この数日薪ストーブの煙突の抜けが良くない感じ…(´・ω・`)ショボーン 煙突にあったかいケムリが通ると、上昇気流が出来て、排出分の空気をストーブ内に引き込むのね。煙突が詰まってると、この引き込みが弱くなって、不完全燃焼に…ぐぬぬ。 この寒波の中、燃…

お泊りジャックとレール曲げ

お友達のジャックラッセルテリアがお泊りに来たんだよっ!久しぶりの犬族特集だよ! この犬種昔好きだったなぁ。 今も嫌いというわけではないんだけど…昔見知らぬジャックラッセルに顔舐めさせてたら、いきなり顔を噛まれた苦い経験ががが。((((;゚Д゚)))))))…

薪ストーブ、買ってはいけない10の理由と呪い

〜前回のおさらい〜 レール敷設の延長工事も終わらぬうちに、気がつくと増えている丸太の山。終わりの見えない薪作り。そして謎のおばばの語る、恐ろしい『薪ストーブにまつわる悪魔との契約』とは! ログハウスといえば薪ストーブだよね。ボクのうちでも毎…

レール曲げと、恐怖の断裂音!

最近凝ってるスプーンに乗ってるシリーズ。今回は犬?。またしてもアッシュさんから逸れた気が… さて、年末に向けて今日も元気にレール曲げいってみよー! レールは両側に平行線がないとね。 もう一本、お手頃な長さのレールがあるから曲げてみたの。何箇所…