ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

トロッコ軌道を敷設したり、好きなもの作っているの。

奔流するマナと、潤いモチモチお肌の秘密!:コンサティーナ魔改造工作!

〜前回までのあらすじ〜

王蟲に引き寄せられた地下鉱脈のマナの力で、謎楽器コンサティーナの鍵盤が怪しく発光を始めたっ!

復旧を目の前にしたその時、遂にあの強敵、マーブル模様の最後の残党がやってきた!

果たしてマナの力で、マーブルの呪縛からを逃れることができるのか!

銅と革のランデブー

前回切った革パーツを、銅の取っ手という想定の、かつてのマーブル模様にくっ付けててと。

これ元は木製で、ボーリング球みたいなマーブル模様の邪悪なコーティングがしてあったのね。

f:id:pippirail:20180918093445j:plain

一方ニス塗りの木蓋は、耐水ペーパーでツルツルのスベスベにして最後のつや消し吹いといたので、しっとり感のある大人の仕上がりになった!

「そう新発売のこちらの艶消しファンデ、肌に吸い込まれていくような浸透感で、あっという間にお肌がうるおいモチモチになっちゃうんですよねー♪見てくださいこのキラメキ感!」(๑>◡<๑)

マナの奔流

そして遂に本体の『邪悪な蛇腹』にドッキング。

「おおお、潤いモチモチに光る王蟲の目!」

「そして、地下鉱脈のマナが、コンサティーナ王蟲の目に引き寄せられて奔流しておるっ!我らの力ではこのマナを抑えきれんっ!」

という厨二病ごっこもできるよっ!

「それ昨日もした気がするっ!」

※訳注:普通しません

革細工とカシメとの死闘

さてお次は、革のタイミングベルトが、合皮でフニャフニャで弾きにくいので、本革ベルトにチューンナップ!

タイミングベルトを制するものはレースを制する!」(`・ω・´) シャキーン

※訳注:単なる持ち手用のベルトで、タイミングベルトではありません。

切り出したはいいが、この後穴あけとボタン付けが待ってる…

そしてポンチで穴あけて、

うむ。こんな感じかな。

この安っぽいベルトの金具も交換したいところだけど、調達しておくの忘れた...(´・ω・`)ショボーン

それをカシメる。このハトメの裏側は凸のほうが表面なんだって。

「でもこの期に及んで何ですが、ハトメのカシメ道具なんてもってないんだ...。」

((((;゚Д゚)))))))

「はっ、ライル閃きましたっ!!この古より伝わる伝説の宝玉で、えいっ!」(`・ω・´) シャキーン

それは、カブのホィールベアリング交換の時にゲットしたベアリングボールだ。

今回の教訓『使えるものはなんでも使えっ!』

王蟲出現と、地下鉱脈のマナ!:謎楽器コンサティーナ魔改造計画

〜前回のあらすじ〜

コンサティーナなる謎楽器の魔改造計画に驀進するライル一行。

そして一番肝心な鍵盤に、ドリルで穴あけ加工しちゃって、もう退路は100%無くなった!!

果たしてコンサティーナが再び音色を奏でる日は訪れるのか?

王蟲の群れ

前回外してトップに座繰りした、ゴールデンな鍵盤に、ダイソーで買ってきた100円レジンを盛った。

レジンクラフト用のやつで、表面張力で上手いことドーム状に膨らんだよっ!(๑>◡<๑)

なんで外でやってるかというと、紫外線硬化だからなの。

ナウシカ「だめ!この子は何も悪くないのぉ!!!」

うむむ、この技術があれば、王蟲の群れを作れるなっ!うははっ。

あ、しまった。バイパス鍵盤だけ離れてついてるので塗り忘れちゃった。

思いつきで色変えてグリーンにしておくね。

青の発色の謎とは!

そしてコンサティーナに乗せられて、音楽気分が高まってきて〜🎶

勢い余ってアマゾンから、オーディオ&MIDIインターフェースをうっかり召喚してしまったよ♪

最近安いのね…これでライルランドのテーマソングを作ろうっ。ʕʘ‿ʘʔ

TASCAM オーディオMIDIインターフェース 2入力2出力 US-2x2-SC

TASCAM オーディオMIDIインターフェース 2入力2出力 US-2x2-SC

そして仮合体。

「ライルランドの地下鉱脈から湧き出すマナに反応して、青が光って見える!!!!なんと強大な力っ!」

おおお、かっちょええ。厨二病こじらせ系楽器が出現っ。

「鍵盤にゴールド吹いてからの、それを削って座ぐりしてプラの白を出したのは…。まて、まさか、この青の発色を良くするためだったと言うのかっ!!!ライル、恐ろしい子!」

いや、あのー、地下鉱脈のマナががが....

こうなると、この木蓋も磨き上げて、もっとツルツルのピカピカで、かつ上品なつや消しに仕上げないとっ。

俄然やる気になってきた。

そして開口部のメッシュは剥がして捨てちゃったので、そこらに転がってた不織布をゴールドに塗ってから貼ったよ。

「ちょっとスカスカかも....だがそれがいい!」

そして手前の銅の取っ手は、滑らないように革張りする予定。銅の端面が見えるように、わざとちょっと小さめサイズに革を裁断しましたー。

「これを予定してたから銅の取っ手の真ん中は塗り残しがあったのかっ!」。

おお、あのマーブルの呪いの取っ手から、不思議と高級感がっ!!!(๑>◡<๑)

鋲を打つか、打たないかは長老会が検討中。

「やり過ぎるとクドくなりそうな気もするんだ…」

すでにやりすぎてる感が無くもない((((;゚Д゚)))))))

大事な鍵盤に穴がっ!:謎楽器コンサティーナ魔改造計画

〜前回までのあらすじ〜

謎楽器コンサティーナ魔改造に勤しむライル一行。遂に山場の色塗りにかかるも、色味が思ってたのと違うっ!

もはや哀れなバラバラ死体と化したコンサティーナ。果たして蘇生出来るのか…

バラされる鍵盤

まず、前回『染めQブラック』で処刑され、浄化された邪悪な蛇腹を、磔から降ろしてと。

そして錬金術により真鍮と化すはずだったが、メッキパーツを

「失敗して、ホムンクルスになったか…仕方ない。これで進めよう」(´・ω・`)ショボーン

艶ありブラックにより、蛇腹が邪悪さを増してるような気がする....

そこはかとなく漂うコブラ

そして、マーブルコーティングの呪いの仮面を剥がして、木目にウレタンニスを2度塗りしたこれを鍵盤と仮合体。

「ニスはもう何層か塗らないとか...ちょっと面倒臭いんだよねぇ」

ニスは塗ってはペーパーで研ぎ出して、塗っては研いでをなんどもするのがコツなのね。それをしてると最後はつるつるピカピカのスーパーコーティングになるのだけど、でもそこまでの手間がなぁ。

そしておもむろに、この鍵盤プラパーツを外すっ

これゴムを挟んで、空気蓋のバーに通してあるだけなのね。

「これを象牙っぽくクリームに塗るか、キラキラにするか悩ましい....」

まだ呪いマーブルの残る取っ手部分と一緒に塗ってきた。

取っ手はカッパーを錬金組成しましたよ。

うむ。スチームパンクっぽい、安っぽいゴールドになった!

こちらは銅。どうなんでしょうね。銅だけに。。。銅色ほんのりピンクのシルバーなんだね。角度によっては銅っぽく見えなくもない。

野良ウソッキー出現!

天気もいいから、お昼に抜け出して盗んだバイクでお昼ご飯食べに行ったら、野良ウソッキーがいた。

バイク盗んでないけど...

さて工作の続きだよ。

ボール盤に7.5mmの穴を開けた治具を作ってと。

そして折角ゴールドに塗った鍵盤を治具にはめて、トップに6mmのドリルで

「必殺ライルスクリュー!いっっっっけーーーーー!!!!」

ええええ、大丈夫??????

「完全に退路を絶たれた。もう元には戻れないっ!」

グリグリとトップを座ぐりすること21個。鍵盤20個と、バイパス用1個があるの。

大事な鍵盤削っちゃってどうすんだっ!???

コンサティーナと、邪悪な蛇腹

〜前回までのあらすじ〜

謎楽器『コンサティーナ』の魔改造を進めるライル一行。

最後に立ち塞がる、強固な呪いの覆面を剥がすと、そこには、富山名産『ますのすし』が出現したっ!

ジーザス!

兎に角、この蛇腹のシワシワを伸ばさない事にはなにもできないな。一体どうしたら…

しかし『蛇腹』って漢字なんだけどね。どうも呪いの予感しかしない((((;゚Д゚)))))))

そして

「はっ!閃きましたっ!」

棒を両端にビス留めして、伸ばした状態で固定してみてと

邪悪な蛇腹の磔の出来上がりっと。

「おー、ジーザス!」

そして一瞬の気の迷いで、隅の皮部分は白のまま残そうかとともってマスキングてみたのだけど…

「うーむ、こんな面倒な事やってられっか!そのまま連行せいっ!」

「おー、ジーザスっ!」

本格的な磔の公開処刑風景になってきた…

「罪人蛇腹よ、そちの名は人に嫌悪感を与えた。よって『染めQブラック』の刑に処すっ!」

プシューっとした。

あー、つや消しブラックにすればよかったかも…(´・ω・`)ショボーン

ますのすしのグレードアップ計画

その公開処刑の一方で…

因みに、富山名産『ますのすし』ってこれね。美味しいよねー

ますのすし一重

ますのすし一重

この笹の下に曲物の木桶があるんだけど、コンサティーナの蓋がサイズも厚みもクリソツで…

てか『ますのすし』はもうええんじゃいっ!

「それにしてもルーター加工が雑すぎる。これは富山の技ではないなっ!」

_人人人人人人_
> 富山の技! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

それをヤスリで削って、掘って

そしてニス塗りしてから、中研ぎ。

「ん?イメージ図と、色が違うではないかっ!」

「濃い色のニスを切らしておりまして…」

あとは金属パーツ。真鍮で作り直すのは面倒なので、そのまま塗装で誤魔化してと。

「うーむ。全然真鍮に見えぬではないかっ!」

ちょっと味付けに黒を足しておくかなー。

しかし折角の三連休なのに、初日は雨だわ、その後は蒸し暑いわ、蚊が多いわ、一体全体どうなってんの〜!

謎楽器コンサティーナとスチームパンク!

〜前回のあらすじ〜

夏の大召喚祭りで『コンサティーナ』なる謎の楽器を入手したライル一行。

だが、その演奏法もわからない謎楽器に対し、恐ろしい魔改造が実行されようとしていた…!

極秘改造計画始動

「計画の方はどうなっておる?」
「はっ、すでに改良型コンサティーナの設計は万全でありますっ!」

こんな感じで色塗ってみた。くどくない程度の軽いスチームパンク風味でいくっ!

「うむ、準備は整ったようだな。悟られぬよう秘密裏にことを運べっ!」
「はっ!」

赤の魔力と恐怖のトラップ

そう、安く手に入れた謎の楽器『コンサティーナ』なんだけど、どうもデザインがこう芋臭いのね。

「だって赤が値引きの魔力で安かったんだよー」(๑>◡<๑)

単に在庫が余ったんだそれは…

通行人A「なに、あのマーブル模様。ダサくねー」
通行人B「ボーリングの球かよっ!ウケるー」

グサっ!ヤバイ未来が見えたっ!

だがだっ、ここでボクはある事に気付いてしまった!

「この秘密のビス外せばバラせるんでね?ここに気付いてしまったボクは…ゴクリッ、天才かもしれんっ!」

いやいや、それは触っちゃいけないやつだっ!悪魔の罠だっ!((((;゚Д゚)))))))

そしてまさかの、まだ召喚したばかりの楽器を、ドライバーでこじってバラしてみたよー(`・ω・´) シャキーン

そしてリードがポロリと出てきた

「おおお、これはいけるっ!」

そして、釘打ちの金具も外すと、世にもおぞましい『楽器の成れの果て』が姿を見せたのだった!☠️

マーブル覆面の正体!

「このマーブル模様を剥がすか剥がさないか、それが問題だっ!」

熟考する事3分間!遂に結論がっ!

「上から塗装もできるけど、やっぱ楽器は木目だよねー。バリッとな!」

「昔塗装剥がしてそのままになってしまった哀れなギター🎸が頭をよぎるが、あの頃のボクとは違うんだいっ!」

そうしてスクレイパーでガシガシ剥がしていくと?

「ま、まさか!そんなはずはっ!」

だが、この厚み。そのサイズ感。そしてその素材。全てはある一点を指していた!

「まさか貴方は、伝説の富山名産品『ますのすし』の空箱様ではっ!」

へ?ますのすし

「一体なぜ貴方が楽器に姿をっ!」

「まさかっ、帝国軍の呪いかっ!ゆ、許せんっ!」

それより何より、ここまでバラバラにした挙句、皮まではいでしまって…((((;゚Д゚)))))))

そして富山名産『ますのすし』が、再び音を奏でる日は訪れるのだろうか…⁈

_人人人人人人_
> ますのすし! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

軍の機密文書と、衝撃のTボーン価格の巻!

〜前回までのあらすじ〜

夏のリフレッシュ休暇を満喫するために、連日究極通販召喚でガジェットを買い込んだライル一行。だがっその荷物には、究極USA召喚のレアアイテムが紛れ込ませてあったのだ!しかもそこにはっ!

アメリカ軍の機密文書

「実は皆さんに隠していたことがありまして…」モソモソ
「なんじゃライルよ、早く言わんかっ!」
「実は…こんな機密文書を入手しました…」

「こ、これはっ!USAの肉事情を記した軍の機密文書ではないかっ!ふむふむ。!!!」

「な、何だとっ!アンガスビーフのTボーン🥩が$5.99/lbとは!kg当たり1500円しないだとっ!そんなバカなっ!安すぎるっ!」

U.S.A. 🇺🇸♪
アンガスビーフが安っ!🥩
U.S.A. 🇺🇸♪
チラシが衝撃だった!💰

_人人人人人人人人_
> DA PUMPかっ! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y Y^Y^Y^ ̄

「だが待てライルよ。これをどうして手に入れた?」
(´⊙ω⊙`)

召喚品と錬金術

「ひぃー、ごめんなさいっ!実はこちらの二品を極秘召喚しました。そのクッション剤として、チラシが入っていた次第で…」てへぺろ

うむむ。 天秤なのだっ!
また謎アイテムが増えてしまった。だが、錬金術の研究、そして科学の発展のためには仕方がない投資と言えよう。

秋雨前線カウンター着火

とにかくUSAビーフの衝撃価格と、DA PUMPは一旦忘れて、この涼風チャンスに着火しないとっ!

「ライル必殺!秋雨前線カウンター着火!」

そして、前回冷凍保存しておいたTボーンを解凍してと。貿易障壁に泣きながら。(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

ついでにタレに漬け込んでおいた、豚のスペアリブも投入。(`・ω・´) シャキーン

実食!

「や、焼けたかっ!」

「こ、これはっ!何と絶妙な火の入り方!」

そして調子に乗ってハムステーキまで焚き火で焼いた。

そしてスペアリブ。ここ最近は塩胡椒一択で焼いてたのね。でも久しぶりにタレで焼くとこれはこれで美味しい。

ただしタレは砂糖入ってるから、ほっとくと焦げ付くの。小まめな返し大事!

「構ってあげないと機嫌を損ねるのね…」

カーモンベイビー♪アンガスー🇺🇸
競合してく ジパングで〜🥩

最後のコーン職人、その知られざる日常

九月になったというのに、花粉もなく、暑くも寒くもない、ボクの一番好きな季節、秋が来ないっ! そして今日も暑いっ!

「暑さで外仕事が無理だし、また内勤か〜」(´・ω・`)ショボーン

「そうだっ、今日は室内でコーン🌽の魔改造ドライフラワーの整理をしよう。」

これは試作品。

取り出したコーンに、各種人造取っ手をつける魔工作をしていって

『うむ』

ナレーター『現代の銘工、今回は最後のコーン職人の特集です。』

職人『もう先代から引き継いで、かれこれこの仕事も60年になるかのぅ。今の時代、コーンの取っ手なんて要らないという人もおるきに…これも時代の流れじゃ、仕方ない事じゃのぅ。』

ナレーター『こうして昔ながらの職人が、一つ一つ手をかけて、コーンの取っ手を取り付けているのですね。』

職人「かつては沢山おった職人じゃが、今やわしが最後の一人になってしもうた…」

ナレーター『職人はおもむろに庭に出て、ノコギリと手斧を持ち出しました。何かを取りに行くのでしょうか?』

職人「色々試したもんじゃが、このユーカリの枝の手触りな勝るものはない。」

そして庭のお花を摘んできて

かつて作ったアジサイドライフラワーも全員集合。

今日摘んできたマリーゴールドちゃんは、紐で結んで新規の ミイラ ドライフラワー に。

そしてこの辺りから、取っ手をつけたコーンを、ユーカリの小枝から生やしてみるという、奇々怪界の謎工作に突入…

残りの取っ手付きコーンと、ドライフラワー達は、ユーカリ部隊に再編成されてこうなった。

こっちは小ちゃいの。

残りは小瓶に活けて、トイレだの玄関だのあちこちに配属されていった。