ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

1/1スケールで工作するのー。そして薪割り係で焚き火ステーキ係で、保線員で、お花担当ですっ!

天空のドラゴン観測所II〜飛び交うレーザービームとツリーハウス前哨戦の巻

〜前回までのあらすじ〜 伝説の最強兵器、充電式チェーンソーの召喚。 ツリーハウスIIの建設が俄然現実味を帯びたことに、湧き立つライル一行。 そして新天地での基礎の搬入が、極秘裏に開始されようとしていたその時! 「トロー!!!」 資材輸送中のトロッ…

焚き火ステーキ頂上決戦〜激安イワシを焚き火で焼くっ

〜前回までのあらすじ〜 突如現れた骨付き界の頂点、ラムラックを何をとか焚き火で焼き上げたライル一行。 そして、バザールに食料調達に出かけた一行は、とんでもないモノを発見してしまう。 「たった74ゴールドだとっ?何かの間違い?これは伝説の値下げ品…

ライルランド地対空ガーデン〜紅葉の訪れの巻

〜前回までのあらすじ〜 大量に実ったフェイジョアの処理に追われるライル一行。 そしてライルランド周辺には、着々と秋の気配が近付きつつあった。 ガーデン アッシュさんの散歩からかえってきたら、ライルランドを取り囲むように生えている紅葉が少し色づ…

庭園鉄道建設〜ティンバートレッスルと卑劣な罠の巻

〜前回までのあらすじ〜 ポーラスコンクリート打設のために、トロッコ軌道のポイントを撤去したライル一行。 そして砕石場から、建設現場までの暫定路線として、ライルランド鉱山鉄道が開通したのだった! そして時は流れ、新ツリーハウスまでの資材を運ぶ鉄…

焚き火ステーキ頂上決戦〜ヒルチャールのラムラック、ライルランド風焚き火香草焼き

〜前回までのあらすじ〜 大量の挽肉を超ド級大型ミートローフに仕立て、かつ石窯と数々の省力化手法を駆使してスモーキーに焼き上げたライル一行。 だが、そんな原神冒険中のライルの前に 「これはヒルチャールの持っていた骨付き肉 肉塊っ!腐肉になってし…

天空のドラゴン観測所II〜驚愕の新兵器登場の巻!

〜前回までのあらすじ〜 ドラゴン観測のためのツリーハウス建設を進めるライル一行。 だが、予想外に重くなって持ち上げられないツリーハウス本体を尻目に、遂に新天地の開発に乗り出した。 しかしそこは、かつて二連梯子が大破し、トゲトゲ薔薇の邪気に呪わ…

ライルランド式手作りお風呂~元素爆発でカビとスライムを撃退せよ!

かつてライルランドに古の技術FRPを駆使して作られた秘密浴室。 そこは床暖房を仕込んだ手張りのタイル、十和田石が蒼く光り、青森ヒバの香るリラクゼーション空間になるはずが.... ライル式ヒバ風呂の作り方 まずは下地つくりますっ(`・ω・´) シャキーン バスタ…

焚き火ステーキ頂上決戦〜煙で焼く漢のミートローフの巻

〜前回までのあらすじ〜 史上最強の敵、ビーフ肋骨界の頂点、ショートリブを見事にホロホロに焼き上げたライル一行。 だがそんな束の間、ライルランドに再び激震が走った! 挽肉の大群に囲まれた! 「大変ですっ!ライルランド領内に、ヒルチャールと挽肉の…

駆けるトロッコ!薪ストーブのシーズンに備えろっ

〜前回までのあらすじ〜 遂にカースペース脇に長い間鎮座していた、丸太を斧で割って、次世代薪エネルギーを確保したライル一行。 だが、その薪を積む前に、薪棚整理のための大移動が必要なのだっ。 「ふっふっふっ、そのための我が国の誇る鉄道網っ!遂に森…

ライルランド地対空ガーデン〜魅惑のフェイジョア収穫祭の巻

豊作の予感! 「お、そろそろフェイジョアの季節かー。食欲の秋だなぁ。」(๑>◡<๑) そして、フロントガーデンの奥地では、この憎きくっつき草が、ライルランドへの潜入を企んでいた! 「くそっ、とってもとってもキリがないっ!」 懸念の白樺はというと 「ま…

焚き火ステーキ頂上決戦〜ビーフ肋骨界の頂点ショートリブと死後硬直の危機!

〜前回までのあらすじ〜 秋の味覚、 オータムソードフィッシュ ( 秋刀魚 ) を見事即席七輪で焼き上げたライル一行。 だが続いて現れたのは、ビーフ肋骨界の頂点に君臨する、ビーフの中のビーフ、史上最強の敵だった _人人人人人人_ >ビーフ肋骨界!< …

愛馬カブリンの危機を救えっ!

〜前回までのあらすじ〜 オイル交換で奇跡の若返りを果たした愛馬カブリン。 しかしあろうことか、その後のコロナ禍で乗る機会はめっきり減ってしまい、久しぶりに乗ろうとしたところ… 「ん?エンジンが掛からない…。どうしたっ!カブリンっ!カブリィィーン…

トレント討伐隊〜薪エネルギーを確保せよっ

〜前回までのあらすじ〜 エネルギーを薪に依存する、火の民ライルランド。常にストックしてある薪エネルギーは、冬のメイン暖房源であると同時に、焚き火ステーキ頂上決戦においても、欠かせぬ切り札なのだ。 そして前回、夏の間放置されていた丸太の山を、…

焚き火ステーキ頂上決戦〜秋刀魚が攻めてきたぞっ!

〜前回までのあらすじ〜 超大型スケルトンロードを前に、秘伝のタレと、石窯による低温長期スモーク調理により、トロトロテキサスBBQスペアリブを焼き上げたライル一行。 だが、その焦げは想像以上に進行しており、ライルの身体に深刻な MP枯渇 ( 肉不足 )…

マヤ文明の秘宝〜切れたハンモックの呪いと脱腸麻紐の危機っ

〜前回までのあらすじ〜 春先には外でピヨピヨ。そして夏は網戸による安全地帯の中で、古代マヤ文明の生んだ奇跡の寝具、ハンモック暮らしを満喫するライル一行。 pippirail.hatenablog.com 「もはや、一年の大半はベッドではなく、ハンモックで寝てて、身体…