ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

トロッコ軌道を敷設したり、好きなもの作っているの。

ニュージーランドからの使者と初冠雪の巻!

〜前回までのあらすじ〜

冬の薪ストーブシーズンに入り、薪の消費も増えてきたライルランド。

その消費分をカバーするべく、山積みの丸太を玉切りにして、薪割りに精を出すライル一行であった。

太い枝を割ったあとには、割りにくい大量の小枝が!

冬将軍のフロストアタック!

この間まで、こんなに元気だったお花ちゃんがっ!

闇とともに訪れた、敵のフロストアタックにやられて、あっという間にシワシワのヨボヨボにの浦島太郎状態に。

「くそっ、帝国軍めっ!なんて酷い玉手箱を…そしてボクのお花ちゃんがもうだめだ。」

いやいや、霜対策しておかないせいじゃ?

「これ以上被害者を出さないためにも、今年は温室作らなきゃね」

えっ、作りかけの工作だらけのところへ、更に作るものが増えちゃう!!!!

ニュージーランドからの使者

そして瀕死のお花ちゃんに合掌しつつも…

ebayから一万ゴールドで究極海外召喚しておいた、最新秘密アイテムが、空路ギュギューンと飛んできて遂に届いたっ!わーい。(๑>◡<๑)

「それがこちらのNZパテントの最強アイテムですっ!」(`・ω・´)シャキーン

というシロモノなのです。

「しかも、こ、これは!!きっと、囲炉裏で五徳にも使えるよ!」(使えません)

NZといえば、Tuiって言う美味しいIPAビールがあるんだけど、あれをまたバーで飲みたいなぁ…

「そしてこの薪割り道具。小枝が安全、かつ簡単に割れちゃうという、薪愛好家のマストバイアイテムなのですね。」

いやー、細い枝や、バランスの悪い枝は斧で割ろうにも、薪割り台に立たせるのにも、以外と手間取る時があるの。

キンドリングクラッカーなら逆さに向いた刃に当てて、上からハンマーで叩くだけだから チョー簡単に割れる。

一方、焚き付け用の端材やらは、手斧で簡単に割れる。でも手で保持してるから、うっかり勢い余って鋭利な刃物で持ち手ごと割りかねない、危険な殺人未遂事件が多発してるし!(しぇええええ!!!)

慣れてても、刃物の下に手を置かざるを得ない状況はいくない。

外に持ち出しての薪割り実験。上からハンマーでぶっ叩くだけ。

これはできるっ!なんて恐ろしい子っ!

ライル「結構太いのもサクサク行ける!!!!」

愛用者A「これを手に入れてから自分に自信が出てきました!」

愛用者B「これが縁で先月結婚しました!」

という事で、全国から喜びの声が続々と送られて来ています。

ちょっとした斧買うこと考えると、送料込みの一万ゴールドなら、そんなに割高感はないよね。(国内のは高いから買わないけど...)

そしてあっという間に小枝の山が!

実は、小枝を割らないままとでは大違い。

割ってない小枝は、結構芯に水分が残ってるのね。それが燃やす際に蒸発するから、温度がなかなか上がらないんだよね...(´・ω・`)ショボーン

手斧は、振り下ろすと本格的な武器にもなってマジで危ない。

なのでこの一万ゴールドの投資は、安全のために決して無駄にならないのだっ!

雪降った!

おおお、今年初冠雪だ!(๑>◡<๑)

冷凍肉をそのまま焚き火で焼く試練!

〜前回までのあらすじ〜

巨大肉厚ランプステーキを、見事に焚き火で焼き上げたライル一行。

だが今回その行方には、オリハルコンの如くカチカチに固まった、アイスエイジの冷凍肉が立ちはだかるのだった。

紅葉が見頃なっ

ライルランドの南は古墳らしいんだけど、一面紅葉ばたけになっているのね。

「まぁ、宅地にはできないよね。墓荒らしたら呪いが降りかかるもんっ!」

その古墳側からライルランドの煙突を見る

で真っ赤っか

借景で綺麗だけど、いつも目の前にあるからさして特別感はないんだなぁ…

そういえば、全く興味無かったポインセチアの、この中心が綺麗だなぁと初めて気がついたの。

「こんなことなら、先日安く売ってたポインセチアを買っておくんだった…」

冷凍肉をそのまま焼くっ

ライルランドのお肉は、食べ切れない分は、小分けにして冷凍しておくのね。でも、それをゆっくり解凍しても、ドリップが出てきちゃう不満ががが。

そんななか、

「実はここだけの話ですが、冷凍のまま焼いてるのをどっかで見かけましてね。フフフ」

「なにっ、フライパンならまだしも、蓄熱量無尽蔵な焚き火調理ならいけるかもしれんっ!」

つけた焚き火に、ほいっ。塩胡椒振れる感じじゃないけど、そんなものは後回しだっ…

「しかし本当に凍った塊のままだな…だがっ!ラップランドの民は、こうして暮らしてるのだっ!」(想像)

ぐぬぬ、少し心配になってきた…

だが、時間とともに良い感じに焼けてきてー(๑>◡<๑)

「無論、失敗した際のバックアップに、ソーセージも焼いてあるという、万全のサポート体制っ」(`・ω・´) シャキーン

焼けた!

「おおお!」

こ、これは良いんじゃないか!

しかも不思議と焼いた後の肉汁流出も抑えられてる。

実験は珍しく成功です

シールドバグ退治と薪作りの日々

〜前回までのあらすじ〜

遂に薪ストーブシーズンに突入したライルランド。薪があるのを良いことに、年々薪ストーブの稼働時期が早まっているという噂も。

猫の集会所と化した、全館薪暖房システムを稼働させるため、日々薪と格闘するライルランドの森林作業員の姿があった!

シールドバグの侵入経路!

ブーン

「何奴じゃ!」

「くそっ、部屋にシールドバグがっ!洗濯物に付いて潜入したか、はたまた薪に付いてきたかっ?」

あったかいからか、室内に入ってくるんだよ。

そして、ログハウスの欠点のは一つは、壁が茶色なので、完全に虫の保護色になっちゃう点。

カメムシもハエも蚊も、壁際にいる限り見分けがつかぬっ!このプレデターめっ!」

その危険な光学迷彩毒ガス盾型インセクトが止まったタイミングで、テッシュでそっと包んで、刺激しないように丸めて、薪ストーブにポイっ!

「無慈悲な火あぶりの刑に処してくれるわっ!」((((;゚Д゚)))))))

薪割りライフは腰痛ライフ!

斧でバラバラに切り刻んだこれらをっ、トロッコに積み込んでと。これは週末作った分。

そして少し運んで、空いている薪棚につんでいく。

置いてある基礎石は、ここにティンバーフレームで、ドイツっぽいオーバーハングした屋根掛けようとおもっ出るんだけど…

「でも設計が全く進んでない。このまま、暗黒歴史遺産になってしまうかもしれないっ」てへぺろ(๑>◡<๑)

またパッカーン!チェーンソー仕事も、薪割りも、薪移動も全部腰にダメージがっ…(;_;)ぐぬっ!

そして今朝も出勤前の一仕事だよっ!

因みに薪棚は、去年追加で作ったよ合わせて3棟建っててね…

「右より一号館、二号館、そして建設中の尖塔トイレ挟んで三号館、奥が物置小屋でごぜぇます。一号館は戦火で崩壊して、復元した歴史遺産でごぜえますだ。」

_人人人人人人_
> 戦火で崩壊! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

単に白蟻にやられて腐ってきたんじゃ…

割って割って、細かいのは後回しに。

「ふふふ、この割にくい小枝には、実は秘策があるのだっ!」

いかん、もう時間がっ!

そして斧の引っ掛け場所。

「斧が陽に焼けて色落ちしてきちゃったけど仕方ないか」

レール破断の恐怖再び!

〜前回までのあらすじ〜

魔の大カーブの並行するレールのベンド作業にかかるライル一行。

だが思うように曲がらぬレールに、今日も異変がっ!

野良キュウリの怪

アッシュさんの散歩コースの道端に、明らかに植えられたものではない奴がって!

「何故こんなところに、そしてこんな季節に、野良キュウリ🥒が生えているのだっ!」

「しかも食べ頃間満点じゃないかっ!」

そういえばかつてライルランドにも、野良かぼちゃが毎年なってて、ライルランド中で話題だった!

「あのかぼちゃ。いつの間にか生えなくなっちゃったな…」(´・ω・`)ショボーン

レールベンド職人の憂鬱

そうそうレールベンドに戻ってと。

少しずつレールをずらして、曲げ箇所を変えては、油圧で力加えて、カーブを滑らかにきつくしていってと。

_人人人人人人_
> ガキーン! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

突如響き渡る破壊音。

「ひぇー!」

「何事じゃ!」

ぐぬぬ、またレールが割れた!

鉄が曲がらずに割れるとはっ!

「絶対この中古レール、焼き入っちゃって脆くなってるよねぇ?」

だいたい、12tの油圧をフルパワーでかけてるのに、硬化してるのか、シリンダーが押し戻されることが多々あるんだよ。

安物の油圧シリンダーの精度自体怪しいんだけど…

カーブの先

カーブの調整が、いつまで経っても終わらないから、一旦先に進もう。(´・ω・`)ショボーン

でもってレールを並べた

この先は地盤が低いから嵩上げしないとね。

単にレールを並べて置いただけだけど、少し新線建設の先が見えてきた気がする。(`・ω・´) シャキーン

クリスマスリースと秋の悪霊退散大作戦。

秋の紅葉山散歩

天気が良いので、アッシュさん連れて車で山散歩に出かけるのです。車で10分のお手軽登山具合。

登る事30分。その間、アッシュさんはあっちに走ってこっちに走って、呼ぶと駆け戻ってきてと自由を満喫してる。

もちろん人と出くわすと綱に繋ぐんだけど、基本地元の人しか知らない低山だしね。

うむむ。とてもよい眺め。

そしていつしか、ライルランドの向かいの紅葉も紅葉にっ!

クリスマスリース作り

「そうだっ!毎年恒例のクリスマスリースを新調しないとっ!」

玄関前にリースがかけてあるんだけど、もう一年経ってるから色素が抜けて、完全に枯葉になってる…

であっちこっちを剪定しながら。

ついでにお花も植えた(`・ω・´) シャキーン

「ラベンダーがコボレダネで増えてるじゃないかっ!偉いっ!」

そして去年の芯を再利用してと

ローズマリー、コニファー、オリーブ、ユーカリミモザ、月桂樹の枝を巻きつけてと。」

それはっ!ライルランドに生えてた枝を、集めただけだっ!

なんかボサボサの虎刈りだね…(´・ω・`)ショボーン

少し刈り込んで整えよう。

「うむ、これで悪霊退散効果があるはずっ」(`・ω・´) シャキーン

焚き火料理秋の陣:秋刀魚vs牛ランプの死闘

〜前回までのあらすじ〜

ストックのサーロイン、ミスジ、ラムのもも肉を焚き火ステーキに仕上げ満喫したライル一行。

そして先日、気仙沼方面から季節物の使者がやってきた!

秋の極上生サンマの宴

着火です。

「おおお、お肌ツルツルのピカピカだよー!何というヤバ鮮度っ!」

それをいつもの焚き火に投入

「今だっ!攻撃開始っ!」

わぉ、いい感じ。

昔住んでた所で、近所の家が秋刀魚焼いた煙を、通りすがりの人が勘違いして消防車が集まったことがあったなぁ。都会怖ぃ…

塊肉の宴

そしてだっ、今日は対抗馬の塊肉祭だっ!

この分厚い牛ランプ肉塊800g厚み5cmを、分厚い脂肪もろとも焼く作戦。

塩振ったら焚き火に大胆な投入

火加減と場所や返しは適宜調整ね。

先にソーセージが焼けた。

そして、本編。

ところが…

「暑く切りすぎて、少し中の火の入りが甘かったのね。たまにこういう事もあるのデス…」てへぺろ

からの必殺、二度焼きっ!

「こうなったら蓋乗せて、オーブンにして火を通していくよっ!」(`・ω・´) シャキーン

でけました!

そして、みるみる溢れ出る血。

「ふっふっふっ、流れ出る前に食べ尽くしてくれるわっ!」

恐怖のバジリスク襲来と、薪ストーブ支度

〜前回までのあらすじ〜

薪ストーブの煙突に潜入してきた、謎生物を救出するライル一行。

だが救出の瞬間、か弱き雀に変装していた敵スパイは逃走したのだった。

そんな中、今年も薪ストーブの着火時期が近づいてきた折に、またもや!

再び潜入者

「緊急警報!何者かが、煙突から侵入した模様ですっ!ただ今、特殊部隊SATが駆けつけております!」

いやいや、それSATじゃなくてCATだろっ!

「あいつら小動物相手だと、容赦なくなぶり殺しにして、取り上げると本気で反抗期になるから…」

その面倒な特殊部隊は、全員お風呂場待機させた!ヤレヤレ ┐(´ー`)┌

その間にまた煙突外しての、罠をかける。

しばらく待つと、奴がでたっ!

今日こそ化けの皮をはがしてやるぞっ、と思ってたのに。網ごと外に持ち出した瞬間に逃げられた…(´・ω・`)ショボーン

壊れた薪ストーブ修理クエス

「そろそろ薪ストーブ着火のカウントダウンじゃな…」

「長老様、じ、実はすぐ稼働できない理由がありまして…」モジモジ

「なぜじゃ」

「実はこのエアー調整バルブ開閉レバーが、溶接部で折れたままで…」

ぐぬぬ、どうしよう。これじゃストーブつけられないよー」

今年はライルランド全土暖房なし!一族郎党越冬出来ないかも…ガクブル( ゚д゚)

バジリスクとの死闘

「とにかく、取り外して、掃除してから至急確認して、応急処置だっ」

半外のウッドデッキに、出しっぱなしになっていた掃除機を取りに行ったら、ホースの先におかしなヒラヒラが?

「ん?ネギじゃないし…ウロコ模様?…」

その瞬間、強烈な悪寒が地球3周ほど駆け抜けた!

「巨大バジリスクの抜け殻。そしてまさか、まだいる可能性も…?」

ひぇー、絶対やばい。

冬服に着替える→ぴったりサイズの蛇腹を伝って→掃除機の中にチェックイン→ぬくぬくと冬眠とか、『ダメ!絶対!』

恐怖に怯えながら中を確認したけど、掃除機の中は奇跡的に呪われてなかった。

「マジで寿命が十年は縮んだ…もし万が一掃除機にトグロを巻いてたら、確実にボクら全員即ショック死だった!」((((;゚Д゚)))))))

なんとか気を取り直してと。

背面の遮熱板に穴開けて、適当な鉄プレートをレバーがわりにビス留めして取り付けてと。

そこに延長したチェーンをクリップ留めして、エアー調整バルブ開閉レバーEXが完成ですっ。

「これでよしっ!あと十年は持つ!」

本当はダイヤルで微調整が効くようにしたいなと思ってたのに…

「今年も適当修理になってしまったぉ」(´・ω・`)ショボーン