ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

1/1スケールで工作するのー。そして薪割り係で焚き火ステーキ係で、保線員で、お花担当ですっ!

お肉

焚き火ステーキ頂上決戦〜聖なる炎で時を超えろっ

〜前回までのあらすじ〜 クリスマスを狙って攻めてきた巨大な スケルトンロード ( スペアリブ ) を、何とか石窯の聖なる炎で浄化したライル一行。 だが、2021年は最後にして最強の刺客をライルランドに送ってきたのだった。 「くっくっくっ、この丑年の力…

焚き火ステーキ頂上決戦〜石窯の秘密と襲いかかるスケルトンっ!

〜前回までのあらすじ〜 狂乱のリブロース塊との死闘を見事に制したライル一行。 だが、クリスマス前哨戦に向けて敵は新たなる刺客を送り込んできたのだった! 「くっ、ボクの第六感が感じる...何たる強大なMP(ミートパワー)!」 「くっくっく、貴様の肉生…

焚き火ステーキ頂上決戦〜狂乱のリブロース塊との死闘

〜前回までのあらすじ〜 オーストラリアからの刺客、骨付きラムラックをラムチョップに一刀両断し打ち倒したライル一行。 だが、これは豪州からの猛攻の序章にしか過ぎなかったのだっ! そして… 「くっくっくっ、我が名はグラスフェッドリブロースキューブロ…

焚き火ステーキ頂上決戦〜ラムチョップvsベーコンソーセージ!

〜前回までのあらすじ〜 激安の殿堂『ドンキホーテ』の肉コーナーでハンバーグだねセットを発見し、お手軽ミートローフへの道を模索するライル一行。 だが、それは陽気なBGMに巧みにカモフラージュされた、恐ろしい帝国軍の罠だっだのだ! _人人人人人人_ …

焚き火ステーキ頂上決戦〜ミートローフ無念の焼死体の巻

〜前回までのあらすじ〜 巨大なベビーバックリブを見事に石窯てホロホロに焼き上げたライル一行。 そして、我々は遂に幻の一品をドンキホーテで発見したのだった。 「おおお、捏ねるだけのハンバーグネタキットだとっ!これさえあればミートローフがほぼ下準…

焚き火ステーキ頂上決戦〜ベビーバックリブ石窯決戦

〜前回までのあらすじ〜 怒涛の牛フィレ一本買いを、見事に焚き火による焦がしバター添えで焼き上げたライル一行。 だが、そんな中新たなる強敵が骨と共に現れたっ! _人人人人人人_ > 骨と共に! <  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄ 「なぜこんなところにベビーヴィシ…

焚き火ステーキ頂上決戦〜怒涛のヒレ一本買いの巻

〜前回までのあらすじ〜 璃月港で買い付けた冷凍マグロのカマを、見事に焚き火で焼き上げたライル一行。 だがそんな中遂に、召喚しておいた伝説の勇者が現れたっ! 「あ、貴方様はっ!伝説のヒレ肉一本物っ!」 怒涛のヒレ肉 激しい戦いの末に勝ち取った、冷…

焚き火ステーキ頂上決戦〜璃月港のマグロヘッド

〜前回までのあらすじ〜 開拓時代に想いを馳せつつ、テイワッドで捕獲した野生の豚ロースを出来損ないのプルドポーク、いやもとい丹念に焼き上げた特製チャーシューとして仕上げたライル一行。 そして我々は旅の途中の璃月港で、新たなる食材を見つけてしま…

焚き火ステーキ頂上決戦〜猪狩りとプルドポーク

〜前回までのあらすじ〜 一足先に秋の味覚「秋刀魚」を満喫したライル一行。 そして秋の到来、それは食と焚き火の季節なのだっ! 「ここはワイルドアメリカンバーベキューで行くぜっ!」 そして野生の猪を仮に テイワッド ( 原神 ) に狩に出かけるのだった…

焚き火ステーキ頂上決戦〜梅雨空の激闘ラムチョップの巻

〜前回までのあらすじ〜 世界政府の発令した4度目の緊急事態宣言。 しかし首領ガースーを操る、闇の力『ファイブリングス』に気付いてしまったライル一行。 血塗られた陰謀を打ち砕くには、ミートパワーによる攻撃力バフをかけておかなくてはいけないっ! 「…

焚き火ステーキ頂上決戦〜水スライム混入事件と石窯ローストチキンの巻

〜前回までのあらすじ〜 気温の高まる中、焼き鳥を焚き火の炎で焼き尽くすという高難度クエストを見事に制したライル一行。 だが、それは長き戦乱の時代『チキン戦争』の序章に過ぎなかったのだっ! 「くっくっくっ、ライルとやら。貴様如きが良くぞここまで…

焚き火ステーキ頂上決戦〜灼熱の焼き鳥地獄の巻

〜前回までのあらすじ〜 摘みたてサクランボを使ったクリークに惨敗しつつも、強大な MP ( ミートパワー ) ポテンシャルをもつ牛ヒレ肉を、見事に焚き火で浄化したライル一行。 だがその頃、ドラゴンスパインから凍結した鶏が攻めてきたっ! 「チャンス到…

焚き火ステーキ頂上決戦〜赤身の王とランプの精

〜前回までのあらすじ〜 ラムの塊肉を見事に焼き上げて、ゴールデンなウィークのMP補給を終えたライル一行。 だがそんな折、敵は新たなる刺客を送り込んでくるのだった! 「なにっ!あの赤身の王が自ら攻めてきただとっ!」 即席クリーク 先日サクランボが収…

焚き火ステーキ頂上決戦〜地獄のGWをラム塊肉でやり過ごせっ

〜前回までのあらすじ〜 あまりに無謀と言われていた、禁忌の牛ショートリブ、豚スペアリブからなる石窯ダブルヘッダー大作戦に果敢に挑んだライル一行。 だが、完璧な焼き加減と思われた骨付きショートリブが、一瞬の慢心により、悲劇の焼死体となって発見…

焚き火ステーキ頂上決戦〜煙と水の呪いの巻

〜前回までのあらすじ〜 テイワットでの修行の旅で捉えた、大型獣の肉塊Tボーンを、見事に聖なる焚き火で浄化したライル一行。 だがそんな中、帝国軍が新たなる刺客を送り込んできたのだった。 「くっくっくっ、ライルよ。貴様如きにこのノンスモークソーセ…

焚き火ステーキ頂上決戦〜ヒルチャールの巨大塊肉の巻

〜前回までのあらすじ〜 巨大ミートローフを完膚なきまでに石窯で焼き上げたライル一行。 だがそんな中、テイワットでは旧正月イベントが始まろうとしていた。 「まずいっ!原神を再開してボクもイベントに参加してガチャしなければっ!」 そうしてテイワッ…

焚き火ステーキ頂上決戦〜寒風石窯にミートローフで挑むの巻!

〜前回までのあらすじ〜 極寒のなか、新料金プランの出揃ったラムラック軍団。だがそのバリエーションを見事に焼き上げたライル一行。 だが、そんな中、丑年がその凶悪な本性を表すのだった。 「くっ、連日北風の強風の中での、合挽肉だとっ!しかも賞味期限…

焚き火ステーキ頂上決戦〜丑年のラムラック新料金プランの巻

〜前回までのあらすじ〜 牛バラ4kgを、石窯による全集中〜肉の呼吸で浄化に挑んだライル一行。 だが、温度計計測モード変更という妨害工作により、温度管理ミスを誘発してしてしまうのだった。 「結果的に、ライルランド史上最悪の超硬塊牛肉で、12年に一度…

焚き火ステーキ頂上決戦〜ブリスケットとクリスマスの呪いの巻

〜前回までのあらすじ〜 突如攻め込んできた、生ソーセージと、牛ステーキのツインアタックを焚き火で浄化したライル一行。 そしてふと立ち寄ったブッチャーで、伝説級の塊肉を目にしてしまうのだった。 「こ、これでアメリカンBBQ界の頂点、ブリスケットに…

焚き火ステーキ頂上決戦〜生ソーセージとの死闘の巻

〜前回までのあらすじ〜 強大な MP ( ミートパワー ) を誇るサーロインステーキを、見事に焚き火で香ばしく焼き上げたライル一行。 だが、そんなライルの前にとんでもない食材が姿を表すのだった。 「ぐぬぬっ!こいつの体内から未加熱ソーセージが出てき…

焚き火ステーキ頂上決戦〜焚き火で焼くサーロインステーキの秘密

〜前回までのあらすじ〜 傷みの早いと言われる投げ売りのイワシに飛びつくもの、帝国軍とファデュイにより仕組まれた罠にまんまとはめられてしまったライル一行。 だが鮮度と形を崩さずに、スキレットを使った見事な焚き火煮込みに仕立てたのだった。 そんな…

焚き火ステーキ頂上決戦〜激安イワシを焚き火で焼くっ

〜前回までのあらすじ〜 突如現れた骨付き界の頂点、ラムラックを何をとか焚き火で焼き上げたライル一行。 そして、バザールに食料調達に出かけた一行は、とんでもないモノを発見してしまう。 「たった74ゴールドだとっ?何かの間違い?これは伝説の値下げ品…

焚き火ステーキ頂上決戦〜ヒルチャールのラムラック、ライルランド風焚き火香草焼き

〜前回までのあらすじ〜 大量の挽肉を超ド級大型ミートローフに仕立て、かつ石窯と数々の省力化手法を駆使してスモーキーに焼き上げたライル一行。 だが、そんな原神冒険中のライルの前に 「これはヒルチャールの持っていた骨付き肉 肉塊っ!腐肉になってし…

焚き火ステーキ頂上決戦〜煙で焼く漢のミートローフの巻

〜前回までのあらすじ〜 史上最強の敵、ビーフ肋骨界の頂点、ショートリブを見事にホロホロに焼き上げたライル一行。 だがそんな束の間、ライルランドに再び激震が走った! 挽肉の大群に囲まれた! 「大変ですっ!ライルランド領内に、ヒルチャールと挽肉の…

焚き火ステーキ頂上決戦〜ビーフ肋骨界の頂点ショートリブと死後硬直の危機!

〜前回までのあらすじ〜 秋の味覚、 オータムソードフィッシュ ( 秋刀魚 ) を見事即席七輪で焼き上げたライル一行。 だが続いて現れたのは、ビーフ肋骨界の頂点に君臨する、ビーフの中のビーフ、史上最強の敵だった _人人人人人人_ >ビーフ肋骨界!< …

焚き火ステーキ頂上決戦〜スケルトンロード耐久勝負の巻

〜前回までのあらすじ〜 遂に復活した四天王の一角、戦慄のリブアイ将軍を撃破したライル一行。 だが、その頃ライルランドには不穏な空気が漂っていた。 「ライル殿っ!先日 冒険者ギルド ( コストコ ) で仕入れた スケルトンロード ( スペアリブ ) が二…

焚き火ステーキ頂上決戦〜リブロース将軍復活を阻止せよっ!

〜前回までのあらすじ〜 真夏のメガラムラックとの激闘を遂に制したライル一行。 だが、そんな最中に、ライルランド地下永久凍土に封印したはずの、あの悪魔が再び目を覚まそうとしていた! 「き、貴様はっ!帝国軍四天王の一人、リブロース将軍!」 「くっ…

焚き火ステーキ頂上決戦〜マグマ遺跡メガラムラックとの死闘の巻

〜前回までのあらすじ〜 巨大ポークを味付けグリルで鎮魂し、真夏の酷暑の中、貴重な勝利をつかんだライル一行 だがそんな、あの骨付き巨大肉塊幹部が姿を現した! 「き、貴様は、メガラムラック!」 「くっくっくっ、外はマグマ遺跡の熱帯夜。ライルめお前…

焚き火ステーキ頂上決戦〜雷雨の中のメガグリルドポーク

〜前回までのあらすじ〜 遂に敵の大幹部、メガミートローフを石窯に封じ込め撃退したライル一行。 そして 冒険者ギルド ( コストコ ) では、三元豚の大安売りが始まっていた。 「その塊肉、このボクが頂いたっ!」 だがそれが、ライルランド史上最大の危機…

焚き火ステーキ頂上決戦〜メガミートローフを石窯で打ち倒せっ

〜前回までのあらすじ〜 襲いくる大量の川魚を、見事に串焼きにして食べ尽くしたライル一行。 だがそんな勝利も束の間、ライルランドの地下深くに封印されし幻の巨大挽肉が、長い眠りから目を覚まそうとしていた。 「しまった!外は灼熱の熱帯夜!この暑さじ…