ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

トロッコ軌道を敷設したり、好きなもの作っているの。

モッコウバラの大剪定と立ちはだかる大問題。

〜前回までのあらすじ〜

猛暑を理由に、すっかり庭の手入れをサボっていたライル一行。だが、いつしかそこは暴走プランツのジャングルと化していた!

モッコウバラ

ぐぬぬ徒長枝は道路に飛び出すわ、下には草が生えるわ…。」

夏の間にも新兵器『生垣バリカン』で刈ったはずなのにぃ(´・ω・`)ショボーン

これを涼しいタイミングを見計らって、片付けた!

やればできる子っ!

「でもね、なんか親指の付け根が痛むんだよ…。ま、まさかっ!あの悪名高い『痛風』とやらではっ!」((((;゚Д゚)))))))ガクガクブルブル

よくみたらね、足の親指の付け根にブッサリと棘が刺さってた(´・ω・`)ショボーン

「長靴履いてたのに…」

しかもモッコウバラは『棘なし』がウリなのに、たまに棘ありの枝があるの…

「こいつもツンデレかっ!」

ウッドデッキ修理

そして、これが崩壊の危機。

「完全に腐ってやがるっ!」

外して、ちょうど余ってて、しかも防腐塗料も塗ってあった注入剤を切ってきた。

「こんな材料が揃ってるとはっ!今日はやけにツイてるな。いや、これはワナかもしれん。」

でも完了ですっ!

栗とコナラ

その勢いで、またまた勝手に生えてきたシリーズの栗拾いと、尖塔トイレ🚽建設地傍のコナラを切った。

「これ以上、落葉広葉樹林になると手に負えないっ!」

残りの落葉高木樹軍団リスト

とはいえ、まだまだ、倒さねばならない広葉高木樹軍団、通称『高木さん』あってね…

ケヤキ

滑り台傍に勝手に生えてきたシリーズ。既に家より高くなりつつある上に、種をばらまいて拡散するし、木は硬いしで、厄介な存在になりつつある。

でも、この樹上にツリーハウスを建てたくて(๑>◡<๑)

エノキ

ライルランド南東角に勝手に生えてきたシリーズ。

7mぐらいになってるのかな。完全に届かない。これもツリーハウスのステージを作ってそこから剪定しよう。((((;゚Д゚)))))))

クヌギx2

これが一番やばくてひたすら上に伸びる。もはや10m近くなりつつある気がするんだけど…

ここにもツリーハウスを作ろう。

「何個作るんだよ!」

コナラ

バラを這わせてある。これは丸く茂っているので今のところ問題ないけど…

「どうせ今のうちに手を打たないと、マズイことになるんでしょ?そんなん無理だっ!」

カツラ

玄関前のカツラの木が、高木化しつつある。

「いかん。僕の大好きなフェイジョアが日陰になってしまうっ!」

その他

更にだっ。あちこちに鳥が種まきしてるであろう桑の木と、種が広がるトネリコがコボレダネで勝手に生えて来るっ。もちろんコナラとクヌギも。

「これは、ライルランド国土計画を、根本的になんとかしないと本格的にやばいっ!」