ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

トロッコ軌道を敷設したり、好きなもの作っているの。

トロッコ新線の最終決戦!戦慄の寄生ワームとの死闘

前回のおさらい

ロッコ軌道の新線敷設に邁進するライル一行。S字カーブに苦戦しつつも、念願の肉エネルギー補充も済ませ、遂に試験走行という矢先にっ!

 

朝の番組で、Dash島の総集編やってたんだけど溶鉱炉まだ出来てないのね。うちにも鍛冶場が欲しいんだけど…

しかしボクの工作はトロッコといい、Dashの後追いになってる感じがしなくもない…なんか悔しいっ

f:id:pippirail:20171230123935j:image

レールは曲げたから、さっさと固定して、薪場線を仮開業しよう。全部仮だけど…

 

「ボクのは全部永遠のβ版なのっ!」

 

レールの固定は、枕木に穴開けて、コーチボルトに角座金通してねじ込んでるのね。角座金は、予め薪ストーブで焼いて錆びさせておいたライル謹製エージング座金!

カーブが絡んでると、フランジが当たってレールに横向きに力が掛かるから、レールを固定してみないとクリアランスが検証出来ないんだ。

 

インパクトでサクッとねじ込んだら

「よしっ、試験走行だっ!」

げ、いきなりS字カーブの差し掛かりで脱線しましたけど…((((;゚Д゚)))))))

f:id:pippirail:20171230142729j:image

どうも急カーブに対して、スラックが足りない感じ。スラックはカーブ部分のレール幅広げることね。

f:id:pippirail:20171230143253j:image

曲げたレールを戻す時は、セバスチャンのヘッド部分外して、ダイレクトプッシュ!

うむ。カーブ調整と合わせて、枕木の高さを全体的に調整して、車輪の浮きを抑えるようにしてからもう一度固定っと。

f:id:pippirail:20171230143453j:image

おお、スムーズに走るじゃないかっ!

「多少下り坂なので軽く押すと走って行っちゃうよ!てかトロ待ってよー」

本当に端まで走って脱線したぉ…(´・ω・`)ショボーン

車止必要っ!

f:id:pippirail:20171230143534j:image

走れるとなれば、早速仮営業開始だよっ!

フロントヤードにもはや足の置き場がないから、早く薪を運び出さないとっ!

そして薪を満載に乗せたんだけど、満載で何キロぐらいなんだろうね…ʕʘ‿ʘʔ

f:id:pippirail:20171230143658j:image

それを押すっ!

「おお、この重量がスムーズに動く!なんという魔力じゃ!」 

f:id:pippirail:20171230150754j:image

しかもタイヤのカートと違って、鉄路上は揺れないから、この150%積載状態でもなんの不安もなく動くんだよ。

「ね、凄いでしょう?!」

 

えっちら押して終点のマキダナーIV駅。どう見ても駅名に相応しくない気もするけど…それはおいておこう。

f:id:pippirail:20171230150809j:image

そして、全員の力を合わせて下ろすっ!

全員で一人だけど(´・ω・`)ショボーン

f:id:pippirail:20171230151048j:image

「27,28,29」

「マキダナーIVレフトウィングのエネルギー充填30%」

いつのまにか、薪棚左側がカッコよく呼ばれてるっ!

f:id:pippirail:20171230151548j:image

そして第二陣

f:id:pippirail:20171230151642j:image

 

因みにね、この上の黄色がニセアカシア、真ん中がナラ、下のが桐。桐は水分多いし薪向きじゃないんだけど。昔何も知らずに桐ばっかりいっぱい貰ってきたことがあったなぁ。てへぺろ

f:id:pippirail:20171230151624j:image

そして、桐の中に大変なものが…

「ん?」

※閲覧注意!

f:id:pippirail:20171230164743j:image

「ぎゃー!」

そこに現れたのは、帝国軍の寄生ワーム!

薪に潜り込ませて、ひっそりと内部からマキエネルギーを吸って偵察活動し、最後はマキエネルギーを吸い尽くしてしまうという。それはおろしい生物科学人造兵器ロボット型幼体寄生ワームなんだ。

(一体どれだよ…)

ロボット三原則を守らない、寄生ワームを送り込んでくるとは、帝国軍の奴らなんて卑劣極まりないんだっ!」

 

こうなったら、寄生ワームもろとも割って潰して一網打尽にしてやるっ!

 

そして割っては積み込み、割っては積み込み、ゼーハーゼーハー

「むむむ、もはや縦横より高さのが高いっ!このアンバランス感がいいっ!」

f:id:pippirail:20171230171626j:image

積みすぎだっ。

 

そして、いつしかマキダナーIVレフトウィングはマキエネルギーチャージが完了したので、もうマキエネルギーを注入できるのは、中央制御室しかないっ。

f:id:pippirail:20171230171830j:image

「と言ってもマキダナー中央制御室には各種重要物資が置いてあり…」

「この非常事態に何を言っているのだっ!どうせ要らないガラクタだらけであろう。この槍とか。全部今まで野ざらしだったモノではないかっ!」

げ、バレてた( ̄(工) ̄)

 

そして薪割り、いや寄生ワームとの激闘で腰を痛めながらも、ほぼ全部割って積んで中央制御室まで。

最後の便を輸送したところで流石にボクのエネルギーが尽きた…(´・ω・`)ショボーン

 

激しい戦闘で腰もやられた…そして昨日の肉エネルギーを全て使い切っちゃったよ…もうだめだ…

 

「あの丸太を1日で全て割り切ったとは!ライル、恐ろしい子っ!」

 

そしてマキエネルギーをめぐる争いは、いつしか国家間の覇権争いと化していたのだった。

資源戦争の渦中に巻き込まれたライルランドに、平和な日々が再び訪れるのであろうか?

 

「えっ?そんな話だったっけ⁈」