ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

1/1スケールで工作するのー。そして薪割り係で焚き火ステーキ係で、保線員で、お花担当ですっ!

ライルランドに鉄道建設始めましたー!

〜前回までのあらすじ〜

夏の暑さに耐えかねて、久しく中断していた、ライルランド西方鉄道建設と、尖塔トイレの建設再開を決心したライル一行。

だがそこには、思いもよら新たな試練が待ち構えていたのだった!

伝説の9kgレールの復活の儀

「ライルよ、鉄道建設再開を遂に決心したのじゃな?もう後には引き返せぬぞ!」

「長老様、決して後ろを振り返ることはありませぬっ!」多分…

「良かろう、今こそ9kgレールの封印を解こうではないかっ!」

「な、なんだこの魔力に満ちた溢れたスモークエフェクトはっ!」

「すまぬ、写真を間違えた。」

「おおお、久しぶりの侘び錆びレール画像じゃないか!この鉄の重量感とサビ具合が堪らんすっ!」(`・ω・´) シャキーン

で、封印を解いて取り出したこれをね

「セバスっ!頼む」

「御意!」

「チェスト!」

切削オイル垂らして、熱持たないようにゆっくり休みながらセーバーソーで切る、というところに落ち着いた。

「まっすぐ切れてるだとっ!」

あれ?なんか暫くお休みしてる間に、ボクのセーバーレベル上がってる感?(๑>◡<๑)

「エクス、カリバァァァー」

なんかすごくまっすぐ切れて噓みたい。

「セーバーソー使いのスキルレベルを、冒険者ギルドに申請しておかないとっ!」

鉄道事業計画の全貌がっ!

因みに今回の計画はというと

この途絶えたマキダナーIVの端から

90度のカーブ曲がって物置小屋の前を抜けて

アメリカ西部の『大草原の小さな石窯』を抜けて、

そしてそしてー、バンデットキャンプの⛺️焚き火場の薪置き場までを結ぶ、路線ですっ!

「その総延長は、なんとっ!」

ゴクリッ!

新たなる試練

「歩数からの見積りで20mですっ!」

「ちょっ!そんな長いの!」

レール足りるかな…((((;゚Д゚)))))))

元々は玄関前に路線を伸ばす計画なのに、支線の建設ばかり先行してる気がしてならぬ…