ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

トロッコ軌道を敷設したり、好きなもの作っているの。

トロッコ鉄道の薪輸送と、ライル会心の一撃!

先日近所で伐採してた、知り合いの植木屋さんとの会話

f:id:pippirail:20180210181537j:image

「ライル、ここに置いとくから薪にするなら持ってていいぞー!」

「おお、いつもありがとー!」

 

でもね、ボク軽トラも持ってないし、どう運ぶかって問題がね…

トラック借りてこようかとも思ったんだけど、借りに行くのが面倒くさいし。

 

その一方、今年は薪の消費量が半端なくて、乾いた薪あらかた使っちゃったのね…

 

このままでは薪飢饉がおきてしまう。

 

ええいっ、こうなったら!マイカー作戦だっ

 

え?

 

でブルーシート敷いて積んでみたのがこちら。

「お、意外と入る。軽トラに載せるのと思ったほど積載量は変わらない感じ。積み下ろしが多少やり難いけど…」

 

しかし潔癖症の人は卒倒すること間違いない光景な…((((;゚Д゚)))))))

f:id:pippirail:20180210165339j:image

大量輸送で庭にいきなり丸太の山が出来るより、これぐらいのがマイペースに出来て丁度いいよね。

f:id:pippirail:20180210165358j:image

その普通自家用車の有効利用で、二往復したらいい感じの山ができましてー!

f:id:pippirail:20180210165410j:image

そしてチェーンソーを目立てしてと。

前回樫の木との格闘で、大分歯がやられただ(´・ω・`)ショボーン

f:id:pippirail:20180210165419j:image

そしてー

おお、研いだら伝説の魔剣エクスカリバーにっ!

エクスカリバー!」(`・ω・´) シャキーン

f:id:pippirail:20180210182523j:image

そのエクスカリバーでバッサバッサとなぎ倒し。

でもあとちょっとのところで燃料切れか。ちぇっ!

でも振動で腕が痺れたし、玉切りはこの辺にしてと。

 

そして次はひたすら手斧で割る。

だがだっ、割っていると、急にぐにゃり?とした感触が?

「げ、あの頑丈だけが取り柄の、薪割り台が割れただとっ…」

 

f:id:pippirail:20180210182557j:image

最初のサイズから随分と小さくなっちゃったし、腐って来ちゃってるし…もう変えないとダメだなぁ。

 

で割った薪を、乾いててすぐ使えそうなのと、乾燥が必要なのと薪を選別して、それをトロッコへ積み込み。

 

そう、ライルランド森林鉄道は、大量薪輸送時代を見据えて建設された、一般家庭用15インチトロッコ軌道なのだっ!

f:id:pippirail:20180210182611j:image

あまりに実用的過ぎて、レールの周りは木屑まみれなんだけど…

というより、もはや木屑に埋もれてる。

f:id:pippirail:20180210182614j:imagef:id:pippirail:20180210182618j:image

 

そしてこんな手強い敵も

f:id:pippirail:20180210182621j:image

チェストー!

f:id:pippirail:20180210182625j:image

一度割れ目ができれば突破できるはず!

f:id:pippirail:20180210182628j:image

「あれれ?割れない…げ、節だった!」

f:id:pippirail:20180210182632j:image

そういうこともある。それにしてもこの木割りにくいな。なんの木だろう?

 

そして翌朝の戦闘で悲劇は起こった…

ボクの一撃をうけてみよっ!

「えいっ!」

グキッ

f:id:pippirail:20180211094150j:image

「がー、腰がー」

「た、隊長殿っ!」

「反撃を喰らって腰をギックリやられた…。無念だが全軍退却っ!」

f:id:pippirail:20180211094216j:image

まさか会心の一撃を喰らわせるつもりが、喰らってしまうとはっ!

折角やる気になってた所なのに…(´・ω・`)ショボーン

 

しばらくハンモック部屋で安静にしてよう(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)