読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

ぴぴらいるが自宅の庭に15インチのゲージのトロッコ軌道を敷設する苦難の道のりを描いた感動のドキュメンタリー

消火栓No.58

もう寒くて寒くて外作業が完全にストップしてるのだけど、これじゃいかんとお絵かきはじめたんだ。

 

それがこれ。名付けてFire Hydrant No.58

f:id:pippirail:20170120104009j:image

何で58かって?絵を描いてたらその数字を入れたくなっただけで、意味は全く無いんだ…近くに57と59があるんじゃろ←適当

 

色はボテボテに何度も塗り重ねられたであろう黄色で、配管のフランジの縁は白ね。雨風にさらされて、大分黒ずんできてるからそろそろ塗り替えが必要かもしれない、そんな佇まいがイメージだよ。

 

そもそも、庭の散水栓が崩壊して、凍結の危機なのでこれを何とかしたいのが計画の発端ね。

でもよくあるレンガ造りのガーデン水栓柱って、なんか取って付けたようなデザインで、好きじゃ無いんだよね。ボクはレンガ好きなのに不思議だけど。しかもあの耐火レンガの水栓って、日本だけな気がするんだよ。その辺のチグハグ感も引っかかるんだよね。

 

どうせ水栓を作るなら普遍的に意味のあるものにしたいしね。

f:id:pippirail:20170120104923j:image

外観は消火栓。中に水道管を通して、普通に水栓としても使える。しかも冬季でも凍らない!←これ大事ね。

 

これで行ける!行けるよっ!

今度ホムセンで排水管買ってきたら製作開始だっ!(`・ω・´) シャキーン