ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

トロッコ軌道を敷設したり、好きなもの作っているの。

焚き火ステーキの旨さの秘密!2

〜前回までのあらすじ〜

ランプキャップ、スペアリブと四天王の二人をなんとか倒したライル一行。

そして伝説の塩を手に入れ、ファイナルバトルに向かう一行の前に、ステーキの王道のあの漢の声が響き渡るのだった!

「ライルとやら、あの二人を倒すとは少々お前を甘く見ていたようだ。しかし残念だったな。お前たちの焚き火ステーキの旅もここまでだっ!」

「だ、誰だっ!」

どういう設定なんだか…

幻の塩を求めて

冒険者ギルド コストコ で、なぞの塩を手に入れたよ。

積むとワインボトルになる、謎の小瓶三つに分かれてて、それぞれ味が違うという…

「岩塩が切れたから、少し欲しかっただけなのに。これ使い切るのに何億年掛かるだろう…」

その謎塩🧂をミルに詰め込んで、

「さあ、ダンジョン飯の冒険に出発だっ!」

焚き火ステーキの旨さの秘密

なんで敢えて薪で、そして焚き火でステーキを焼くかというと、焚き火のスモークが肉を美味しく風味をつけるからなのねっ!これ大事!

「炭火や、フライパンじゃこの風味が出せないんだっ」

火いい感じに落ち着いたら

今日の焚き火ステーキは、王道のサーロイン!

「ついに来たか!!サーロイン将軍!」

キスするように優しく炎を当てろという、師匠トムさんの教え。

佐々木蔵之介の世界ステーキの旅を見れば、誰でもテキサスで、トムさんの焚き火ステーキが🥩食べたくなるはずっ!」


世界ステーキの旅 アメリカ

「うむ。いい感じの炎だなっ」

ミディアムやけた。(`・ω・´) シャキーン

「くぅぅぅー!!美味しいっ!」

こちらは外はカリカリ、中はレアという、超絶妙なバランスで仕上がった!(`・ω・´) シャキーン

熾火パチパチ。

とても綺麗。(๑>◡<๑)

「厳しい戦いだったが、サーロインは柔らかいし安定の美味しさだよね。次は赤身かっ!」