ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

トロッコ軌道を敷設したり、好きなもの作っているの。

禁断の言葉と、古の大穴アビス

毎度のタイトルだけど、作者が何を伝えたいのか全くわからないぉ…

 

まずはお絵かきタイム

f:id:pippirail:20180106175708j:image

犬キノコ🐕🍄の村

これはもうちょい細部を詰めてから設計図を書こうっと。フリーハンドで。

どこに作るかって?

「んー、これから考えるっ!」

 

そしてー、前回までのお話

度重なる帝国軍の確実な妨害工作にも関わらず、ライル一行はトロッコ新線の延伸計画をマキダナーIVまで進め、遂に薪移動を終えたのだった。そしてさらなる奥地を目指し、探検を続けるのだった。

 

そして、今日は

「今日は、テラコッタのテラス脇の巨木を移動するよっ!ここは来年の夏の涼計画と、その他諸々スペース確保の要だからねっ!」

f:id:pippirail:20180106183334j:image

アッシュ「こ、このサイズはっ!いくらライルさんの頼みでも、そんなの無理でさー」

ライル隊長「やると決まったらすぐやるっ!それがライルランドの掟!」

「げっ、奴隷商人かっ!」

f:id:pippirail:20180106183417j:image

そして、仕方なく無駄に使われてる幅広枕木をどかして

「これは何かに使えるなっ!」

f:id:pippirail:20180106183432j:image

だが、掘り返した側の隙間からまたマンドラゴラがっ!

「ギョェ〜」

 

あとはひたすら線路道具駆使しての穴掘りタイム。

ツルハシは三大トロッコ道具の一つなのだ。あと二つは…えーっと、これから設定考えるから来週まで待ってね(๑>◡<๑)

f:id:pippirail:20180106183500j:image

だいぶ掘れた…、そしてこの寒さなのに汗出てきたぉ…

だがだ、この時点では全く動く気配無し…

「やばい、どう見ても勝ち目の無い戦いだっ!」

そして根っこと絡まった小石は徐々に、天空の城の様相を呈して来た!

f:id:pippirail:20180106183537j:image

そしてそこで思いがけないものが埋もれていたのだった!

「ガラ袋!」

「ま、まさか、ガラ袋に包まれた徳川埋蔵金っ!」

それ、ち、が、う、だ、ろ、っ!

f:id:pippirail:20180106183558j:image

「いや、これは帝国軍の公式ガラ袋だな。何故こんなところに…」

「…木を植える前からの?」

 

この木は幼木で買ってきてライルが自分で植えたのね。でも虫が付いてやっと最近元気になってきた所だったんだけど…

 

「植えた当初からあったと言うことは…つまり、土建屋とグルっ!」

 

こんなところにも帝国軍の魔の手が迫っていたとはっ!ぐはっ

 

「この木の生育が悪かったのは、帝国軍と土建屋の仕組んだ罠かっ!なんと先見の明、いや、それじゃいい意味っぽいな…なんて小賢しい奴らだっ!」

 

ライルの語彙は日本人平均の2割ほどしか無いのだっ!((((;゚Д゚)))))))

 

「車のみならず植物までも、紛争道具の駒にするとはなんで奴らだっ!命をなんだと思ってるんだっ!絶対に許さないぞっ!」

 

そして根っこと絡まる小石はまさに、

ムスカ「遂に見つけたぞっ!これが天空の城ラピュタかっ!」

f:id:pippirail:20180106184831j:image

怒りでさらに掘り進め、そしてついに怒りの頂点に達したライルは、色々すっ飛ばしていきなりあの禁断の言葉をっ!

「シータ!いくよっ」

こくり

ムスカ及びギャラリーの皆様、申し訳ありませんが3分間お待ちください。」

ぺこり

 

…えっ?ってかお前が言うな!

 

からのー

「ば、バルスっ!」

緊張の余りどもってしまった!(๑>◡<๑)てへぺろ

だがラピュタは倒れたっ!

f:id:pippirail:20180106184900j:image

 

だけどボクの木は、格安の飛行石無しの、天空の城風だから浮かなかった…あの時飛行石付きセレブ向け高級樹木を買っておけば…(´・ω・`)ショボーン

 

 

そして、これの移転先は?
ぐぬぬ、痛いところを!それは決まってないのだっ!」
おいっ!

f:id:pippirail:20180106184913j:image

そして家の窓から見て、そして将来の建築物をスーパーイマジネーションして…

『ライルビジョン!』

もうね、この辺はノリ的に、前回の永井豪追討、いや討ってどうする!追悼デビルシリーズを引きずっているのだっ!

その末に、『石窯の裏に植えたら良いかもっ』てお告げが出ました!

 f:id:pippirail:20180106184924j:image

バルスして倒れたものの、ピクリとも動かない…

いや、重過ぎるって、それ。

 

「そうだっ、ボクらにはレールがあるっ。レールをテコの代わりに…」

f:id:pippirail:20180106184929j:image

持って来て見たんだけどね…5.4mはオーバースペック過ぎるな…

f:id:pippirail:20180106184934j:image

「もういいや、バルスっ!バルスバルスショベル!」
おいおい、バルスはそんな軽い言葉じゃないんだよっ!あ、言っちゃった!
「まじでだいぶ根っこが削れたっ!」

 

結局バルスを新春叩き売りして、根っこの土を叩き割って

(バルスってそう言うやつだったか?)

根っこのところが小さく軽くなったよ!ライルにもできたよー(`・ω・´) シャキーン

 

そして

「持てたー!」(`・ω・´) シャキーン

かなりズルした感…

f:id:pippirail:20180106184938j:image

そして古の大穴にドーン!(`・ω・´) シャキーン

古の大穴を深く掘り過ぎた…

「だってでかいの来るのかと思ってたんだもん…深層からの上昇負荷がっ!ぐはっ」

 

メイドインアビスのアニメ続編いつからやるのかな?ワクワクっ!(๑>◡<๑)

f:id:pippirail:20180106184948j:image

そしてー、格闘すること小一時間。

「埋まったー! 」

 

でもこれ寒い中水ぎめしちゃって良いのか?

ちなみに水決めは根と土を密着させるために、水入れて揺らすことね。そうすると植えたての木の根が土に密着して活着が良くなるの。

 

分からないから先延ばーし。そしてとりあえず土埋めた。

 

もう体力使い過ぎてライフがゼロだっ。急いで肉エネルギー🍖を補給しないとっ!