ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

ぴぴらいるが自宅の庭に15インチのゲージのトロッコ軌道を敷設する苦難の道のりを描いた感動のドキュメンタリー

バックミラーと呪いの連鎖

f:id:pippirail:20171111180345j:image

こないだカブゴンのバックミラーが折れててね。てか普通折れないよね。バイクのミラー。

 

部品買って交換したんだけど、外した二ミラーが当然余るんだよ。この略してニミラどうしようかと思ってたんだけど、ライル閃きました!

 

「ウッドデッキに付けたら良いかも!後ろも見える!」

 

と言うことでウッドデッキに謎ミラーが付いた。わーい(๑>◡<๑)

 

こだわりポイントは角度かな。

使い道はこれから探すんだけど…

 

f:id:pippirail:20171111181311j:image

でまたいつもの消火栓作業。なんかパイプ内部の写真ばっか(´・ω・`)ショボーン

すごくつまらない感じだけど、この内部固定してと。もう少しで次の段階かも。

 

で前回ミスった吐出口を接着した。

f:id:pippirail:20171111181517j:image

実は仮済みしてみたらまたまた短くて、都合3回切り直したのはここだけの話。テヘペロ

 

配管の目処が立って来たので、今度は蓋だよね。

配管のフランジ代わりの植木鉢皿をペーパーで型取りしてと。

f:id:pippirail:20171111182004j:image

『そしたらその型紙を底にしいてから、小麦粉と卵で作ったケーキ生地を流し込みましょう。オーブンを予め220度に予熱しておいて…』

って違う違うっ。作ってるのはケーキ🍰じゃなかった!消火栓だった。

 

結局型紙作戦はケーキ型に間違えられるという理由で、軍法会議の末に不採用になったという…(´・ω・`)ショボーン

 

代わりにコンパス出してきてと。

やっぱり、円を書くのは専用の道具だよね。あっ芯がない… 

 

仕方ないから、ちびた鉛筆を犠牲にして、その芯を取り出して…太くて挿さらないじゃないか!

f:id:pippirail:20171111182733j:image

もう、なんか鉛筆の芯を少し細くするチマチマクエストを、手を真っ黒にして泣きながらこなしてやっと芯とビス穴をケガいた頃にはもう昼だし。(c" ತ,_ತ)

 

f:id:pippirail:20171111183239j:image

んじゃ昔フランジ用に切ったもののフリーハンドで切ったからガタガタの板。しかも、MDFなのにうっかり雨に濡らして、普通なら捨てる一品を芯材としてリサイクルしてと。

 

「おお、そなたはなんと地球に優しいのだっ」

 

でここで問題。

フランジに大げさな飾りボルトをつけたいのね。

 

でまず一番近所のホムセンに行く。

「在庫分しかないんですよねぇ…」

まじか。4個じゃ足りないよう。

 

まぁいいや、次行こう。続いてきたのは近くのカインズ、通称「チカインズ!」

ここは品揃えに面白いものがないんだよ…でもボルトぐらいあるよね、きっと。

 

「げ、5個しかない…さっきから邪悪な呪いの気配を感じる…」

 

仕方ない、こうなったら最後の手段。

「チカインズは小型店だから仕方ないよね。少し遠いけどあそこに行こう。デカインズ!」

 

往復に時間を要してしまうが、カインズの中でも大型店。通称『デカインズ』としてホームセンター界で恐れられている旗艦店なのだ!

まぁ品揃えがありきたりなんだけど…

 

で店に着いた!

「バラ売りか。逆に都合がいいや。ボルト16個、ワッシャー32個と。」

あれ?(´⊙ω⊙`)

(目をゴシゴシ)

あれれ?(´⊙ω⊙`)

 

「あわわ、なんでナットだけ在庫がゼロなんだー!店員さーん」

「発注はかけているんですけどね…」

「…」

 

遠路遥々来たのに、そんなのひどい(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

相方いなきゃ意味ないじゃん…

ナットだけにナットくが行かない的な…

 

((((;゚Д゚)))))))

 

やってもうた。