読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

ぴぴらいるが自宅の庭に15インチのゲージのトロッコ軌道を敷設する苦難の道のりを描いた感動のドキュメンタリー

脱線とシャケ、そして中島が…

15インチ鉄道

こういう、イミフなタイトルをつけてグーグルをケムにまいてやることに躍起なライルだよ。シャケと中島とかけてもサザエは出てこないんだ。それにしても波平はカツオに厳し過ぎだよ。

さぁ、恐怖のレール敷設の始まりだー!

 

やっと、地均し終えて枕木置いた…

しかも水準器見ながら!

ライル史上最高の出来栄え点を獲得したものの、この地味な土木作業にはやれやれだよ。

 

これでやっと、廃止して少し経った、かつての赤字ローカル線の風情で

「あら、そういえば、もうあの路線廃止されてから十年も経つのね。月日の経つのは早いわよねぇ」

状態に戻ったよ。

あ、これはレールは撤去されたものの枕木はそのままのかつての駅で、バス待ちのおばちゃんたちが回想するワンシーンね。はいカッート!

f:id:pippirail:20161217142825j:image

そこにまた間隔を確認しつつレールを配置して、生まれ故郷に産卵に帰ってきたシャケの如く、我々は今来た時間を遡っていくのだ!

ここでシャケの絵文字ぐらいあるのかと思いきやないじゃないか!シャケの絵文字はニーズがないのか?シャケが釣れた時困るじゃないか。

f:id:pippirail:20161217143258j:image

シャケはさておき、おお!元に戻った。

いや。何がすごいかってね、全て本物サイズだとマジで本物感がすごいのよ!ライル大興奮だよ。

わーい。٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

しかも、このレールのサビが侘び寂びだよ。日本人の心だよね。模型だと適当に錆色塗るところだけど、せいぜい赤茶の錆色に質感出すために混ぜ物するのが関の山だけどね、これは本物の進行中の錆びだからね!うふふ。

侘び寂びを求めた千利休も、現代なら茶室にレール敷いてる筈だよ。そういやボクの錆びた南部鉄瓶どうしたっけなぁ。

f:id:pippirail:20161217143326j:image

そしたらドリルビスでレールを仮止めして

 

そこでまさかの

「はぁ?そこのレール、貴様だけなぜ浮いている!」

f:id:pippirail:20161217143710j:image

あー、そうか。このレールS字に曲げたんだけど。そのせいでフラットじゃなくなっているんだろうなぁ。そうにちげえねぇズラ、親分!

 

うーむクマったな。🐻

 

試験走行をしてみるもやっぱり脱線する…

このS字レールの浮きは、前回の考察でも全く考慮してなかったわ。今更ながらこれはかなりの共犯だわ。あれは誤認逮捕だったかもしれん。

 

うーむ、凄くクマったな。🐻

 

「先生!ライル閃きました!」

「なぬっ?!」

「つまり、このS字をカーブ二つにカットしてまえば良いのです。」

 

おお、なんと言うグットアイデア💡!

 

そしてセーバーソーのセバスチャンで一気に

f:id:pippirail:20161217150453j:image

うぉぉぉぉ!ぐぎぎぎぎき

f:id:pippirail:20161217150545j:image

ライル史上最速で切れた。そしてさらに自身のもつ王国記録を、自ら塗り替えてしまった。

 

ライル、恐ろしい子

 

でも、不名誉の『連続曲がって切ってしまった記録』も記録更新してしまいました。テヘペロ

 

 

そして走行試験再び。

奇跡は起きた!

f:id:pippirail:20161217151725j:image

ポイントとカーブ、速度落とせば脱線しなくなったよ!

 

くく苦節何十年かかったことか。それがついに、不可能と言われたポイントがついに!おオォオォ(//∇//)

 

そしてはるか彼方の空から、とあるメロディーが聴こえてきて、いつまでもエンドレスで鳴り響くのだった。

 

♪風の中のスーバルー♪砂の中のぎーんがー

♪みんなどこへいーったー♪みおくーられることもーなくー

 

そしてそのメロディーを聴いたものは、何故かえもいわれぬ達成感に包まれて、一瞬で恍惚となってしまうのだった。

 

「はっ、みんな耳を塞いで!まだエンディングではないから、この曲を聴いてはダメだっ!」

 

「はっ、まさか帝国軍の精神攻撃なのでは!しかし奴らめ、なんと酷いタイミングで、非人道的な攻撃を仕掛けてくるんだ!」

 

しかし、耳を塞いで聞かないようにしても、脳に直接シグナルがリフレインして送られて鳴ってしまう…

 

うう、ぐぬぬ

ううっー

うー、ばるー?

♪風の中のすーばるー

 

最後は思わず一緒に口ずさんでしまうライルであった。

 

次回マインドコントロールは解けるのか?

 

続く