ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

トロッコ軌道を敷設したり、好きなもの作っているの。

謎楽器コンサティーナとスチームパンク!

〜前回のあらすじ〜

夏の大召喚祭りで『コンサティーナ』なる謎の楽器を入手したライル一行。

だが、その演奏法もわからない謎楽器に対し、恐ろしい魔改造が実行されようとしていた…!

極秘改造計画始動

「計画の方はどうなっておる?」
「はっ、すでに改良型コンサティーナの設計は万全でありますっ!」

こんな感じで色塗ってみた。くどくない程度の軽いスチームパンク風味でいくっ!

「うむ、準備は整ったようだな。悟られぬよう秘密裏にことを運べっ!」
「はっ!」

赤の魔力と恐怖のトラップ

そう、安く手に入れた謎の楽器『コンサティーナ』なんだけど、どうもデザインがこう芋臭いのね。

「だって赤が値引きの魔力で安かったんだよー」(๑>◡<๑)

単に在庫が余ったんだそれは…

通行人A「なに、あのマーブル模様。ダサくねー」
通行人B「ボーリングの球かよっ!ウケるー」

グサっ!ヤバイ未来が見えたっ!

だがだっ、ここでボクはある事に気付いてしまった!

「この秘密のビス外せばバラせるんでね?ここに気付いてしまったボクは…ゴクリッ、天才かもしれんっ!」

いやいや、それは触っちゃいけないやつだっ!悪魔の罠だっ!((((;゚Д゚)))))))

そしてまさかの、まだ召喚したばかりの楽器を、ドライバーでこじってバラしてみたよー(`・ω・´) シャキーン

そしてリードがポロリと出てきた

「おおお、これはいけるっ!」

そして、釘打ちの金具も外すと、世にもおぞましい『楽器の成れの果て』が姿を見せたのだった!☠️

マーブル覆面の正体!

「このマーブル模様を剥がすか剥がさないか、それが問題だっ!」

熟考する事3分間!遂に結論がっ!

「上から塗装もできるけど、やっぱ楽器は木目だよねー。バリッとな!」

「昔塗装剥がしてそのままになってしまった哀れなギター🎸が頭をよぎるが、あの頃のボクとは違うんだいっ!」

そうしてスクレイパーでガシガシ剥がしていくと?

「ま、まさか!そんなはずはっ!」

だが、この厚み。そのサイズ感。そしてその素材。全てはある一点を指していた!

「まさか貴方は、伝説の富山名産品『ますのすし』の空箱様ではっ!」

へ?ますのすし

「一体なぜ貴方が楽器に姿をっ!」

「まさかっ、帝国軍の呪いかっ!ゆ、許せんっ!」

それより何より、ここまでバラバラにした挙句、皮まではいでしまって…((((;゚Д゚)))))))

そして富山名産『ますのすし』が、再び音を奏でる日は訪れるのだろうか…⁈

_人人人人人人_
> ますのすし! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄