ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

トロッコ軌道を敷設したり、好きなもの作っているの。

報酬は巨大リブロースの焚き火ステーキ1.2kgだと!

〜とある日のライルランド〜

 

俺はリヴィアのゲラルト。ウィッチャーだ。 

f:id:pippirail:20180627093311j:image

ゲラルト「掲示板に出てた依頼の件で来た。何があった?」

依頼人「ああ、ウィッチャーか!良かった。待っていたよ。実はライルのこさえたトイレの水の流れが悪いんだが、見てくれないだろうか。」

 

「おいおい、トイレ修理なら水道屋に頼むんだな!」

「ちょっと待ってくれ。流れが悪いのは怪物が原因なんだ。」

「ふむ、実に興味深い。」

「そしてライルランドは肉貨幣経済なので、報酬は肉塊🍖1.2kgでどうだ?」

 

_人人人人人人人人_
> 肉貨幣経済! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

「いいだろう。引き受けよう。現場に案内してくれ。」

 

ここが問題のトイレか。おそらくストレーナーが詰まっているだけだろう。

f:id:pippirail:20180628220016j:image

サイドの蓋を外して、元栓を閉めて。

そして問題のストレーナーはこれか!

f:id:pippirail:20180627093646j:image

専用工具が転がっていたが、ガッチリと固着して開かない。

 

「何か強力な呪いで封印してあるに違いない…周りを調べてみよう。」

 

ウィッチャーはその超人的な感覚で、かすかな痕跡さえ辿ることができるのだ!

 

「こ、これはハーピーの羽!ここで何かと戦ったのか。まだ死んで間もないようだ…」

f:id:pippirail:20180627093705j:image

…それ普通の鳥の羽、ガハッ

 

「さらに痕跡をたどってみよう。」

 

「これは野兎の死体。この噛み跡は怪物にやられたか。しかしライルランドに野兎がいるとは初耳だな。」

f:id:pippirail:20180627095048j:image

うさぎちゃん🐇(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)カワイソス。

…しかしどう見ても車に…ガハッ!

 

「なるほど…犯人は帝国軍の仕向けたオオムカデかっ!」

f:id:pippirail:20180627095502j:image

うむ、これでストレーナーが外せるはず。

 

というかね、マイナスの溝があるもんで幅広のマイナスドライバー必死で探してたんだけど、ボルトなんだからラチェットで回せばいいじゃんね。

 

そして中には…

 

「この詰まったカスは…ライルが昔ノコギリで切り刻んだポリ管のクズじゃないか!」

 

へっ(・・?)ボクのせい?

f:id:pippirail:20180627095711j:image

依頼人「どうだウィッチャー?怪物は倒したのか?」

ゲラルト「ああ、恐ろしい怪物の呪いでストレーナーが詰まっていたが、全て退治した。これでもう具合が悪くなることはないだろう。」

依頼人「ありがとうウィッチャー。これは約束の報酬だ。」

 

〜〜〜〜〜〜〜

 

という壮大なる食欲をそそる前振りがあってこその、祝いの肉祭り🍖なのだ

f:id:pippirail:20180627100932j:image

今日のお肉は厚み5cmの牛の🐄リブロース。お、重いっ!

その600g二枚合計1.2kgを一気に焼くっ!

 

まずは塩胡椒して、いい感じに育った焚き火にドーン

f:id:pippirail:20180627101004j:image

じっくり焼いていって

f:id:pippirail:20180627101013j:image

焼けたかどうかは、触った時の弾力でわかる。そうウィッチャーの超人的な感覚で!

f:id:pippirail:20180627101038j:image

わおっ!そして猫流派の鋼の短剣でブスリとな

f:id:pippirail:20180627101052j:image

こ、この柔らかさと噛みごたえの絶妙なバランス。見事にメイラード反応した表面に封印されし肉汁🥩

f:id:pippirail:20180627101059j:image

 

 

ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション 【CEROレーティング「Z」】 - PS4