ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

トロッコ軌道を敷設したり、好きなもの作っているの。

ホワイトタイガーとの死闘の薪!

「こちらモノグラム少佐だ。来たか、エージェントT。」

「ニャー」

「ライルランドに元シークレットエージェントで悪のホワイトタイガーが潜入したとの情報が入った!至急敵の計画を阻止してくれっ!なお敵は凶悪なので十分注意してくれ。」

デュービデュビデューワ♪

f:id:pippirail:20180526212741j:image

「まぁ、可愛いホワイトタイガーちゃん💕」

f:id:pippirail:20180526212803j:image

「とらお、あ、そ、ぼ!」(貴様がエージェントTだなっ!)

f:id:pippirail:20180526212806j:image

ミーズー!

f:id:pippirail:20180526212814j:image

ねた。

f:id:pippirail:20180526212829j:image

起きた!

f:id:pippirail:20180526212843j:image

またねた!

 

いやー村人が突然、凶悪なホワイトタイガーちゃん貰ってくるもんだから、我がライルランドは先日から大わらわなのねー。

 

何かしようとしても、気がつくと膝の上でスースピーzzzzだし、目を離すと運動会なもんだから、部屋から動けないっ!

 

「この攻撃は危険すぎるっ!」

 

しかも仔猫は爪も歯も尖ってるから、マジ噛みされるとマジ負傷するのね。

 

「精神攻撃で隙を作っての物理攻撃とは、何と恐ろしい攻撃パターンだっ!」

 

その一方!

 

我がライルランドには、新たなる薪がなぜか次々と運び込まれてくるのだっ!

 

ひいっー!この間討伐したトレントを切って薪割りしたばかりなのにー

f:id:pippirail:20180526213727j:image

ぐぬぬ、この季節を逃すと耐熱スーツを着ない限り屋外活動は出来ないし、やるしかないっ、グハッ。」

 

と思いつつも、また凶悪なホワイトタイガーたんの毒牙にかかり、ハンモックでウダウダスピスピZzzzzz

 

くそっ、ホワイトタイガーの悪の罠が凶悪すぎて国民が全員のび太化してしまうっの巻!

 

「いかん、やらねばならぬっ!」

f:id:pippirail:20180526214255j:image

だか、前回トロッコに積んだ薪さえまだ片付いてないのだっ!

 

「そっちは見なかったことにして、とにかくこれを切って割って片付けなければっ!」

 

ここで、チェーソー出してきたんだけど…

「歯を磨ごうにもヤスリがどこにもないっ!」

 

散々探してたら既に暗いんですけどー。

しかも見つからないんですけどー。

 

歯を研ぐことによりなんでも切れる伝説の聖剣エクスカリバーとなるのだが、ヤスリがかれこれ30分探し回っても見つからないという国家的緊急非常事態なのだ。

 

「やむを得ん!このまま切る!」

f:id:pippirail:20180526214842j:image

そして、割るっ!

「くそぅ、体力消費が激しくて、既に視界がぼやけてきたっ!」

いやいや、単に辺りが暗いせいじゃ?

f:id:pippirail:20180526214854j:image

もはやこれまでかっ!

あ、何かおいてあるのを発見…

 

「薪棚にヤスリを隠すとは!ボクに薪を切らせないつもりか…なんと卑劣なっ!」

f:id:pippirail:20180526220113j:image

あ、この間剪定してたら、うっかりライトの線も切っちゃったから修理しなきゃだった!

でも夜にならないと思い出さないんだよ…

f:id:pippirail:20180526220118j:image

こちらはこの前仕込んだ瓶入りの新入りライト。

f:id:pippirail:20180526220122j:image