ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

トロッコ軌道を敷設したり、好きなもの作っているの。

破壊さ壊れた薪ストーブの空気調節レバーの現場検証

昨晩も冷え込んだから、寝る前に熾火沢山作っておいたのね。

f:id:pippirail:20180214105343j:image

そして燃焼も安定したので、空気調整レバーを絞ろうとしたら、突如ヌルッとテンションがゼロになった!

 

「げ、何かが切れたかっ!」

 

空気調節レバーはストーブ下側の蓋にチェーンで繋がってるのね。

 

キャンプ椅子の破損、ギックリ腰と災いに襲われ、また更なる災いの予感ががが。

 

「焚き火場の骨を集めて、ウッカリ悪霊召喚の儀式をやってしまって以来、何か邪悪な気を感じる…」

 

翌朝、ストーブが冷めるのを待ってから、ストーブ裏の反射板をまず外して。それからダンパーのボックスを外す。

 

それにしても腰痛で前屈みが辛い…(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

薪ストーブ簡単に動かせないしね。

 

これが切れたワイヤーの上側。

f:id:pippirail:20180214081755j:image

で外したレバーの裏側。

ここには謎ワッシャーに挟まれた、謎スプリングが。(・・?)

f:id:pippirail:20180214081803j:image

「ふむふむ、この謎スプリングはこの板バネ状のリンク機構と支持部との間で、切り替えバーにテンションかけるためのものだと見た!」(`・ω・´) シャキーン

 

で、このリンク機構を担っていた板バネ状パーツ。この細いレバーに溶接されていたみたいなんだけど、剥がれた跡が!((((;゚Д゚)))))))

 

「昨晩ヌルッと取れたのはこれかっ!とにかく原因はわかった!」

f:id:pippirail:20180214081810j:image

今晩使えないのも困るので、とりあえずレバーは諦めて、空気蓋からのチェーンを手持ちのチェーンで延長してストーブ上に出して、元通りにパーツを組み戻しておいた。

 

「原因はわかったものの、こんなものどうやって直したらいいんだ…交換パーツはあるんだかわからないし、仮にあっても高そうだし。」(´・ω・`)ショボーン

 

このまま、延長チェーンを引っ張る方式でも用は足りるけど、重力任せじゃなくて、スクリューで自在に調節出来ると良いのになぁ。

 

でもチェーン切れたりした時に、安全側に落ち着くようこうなってるのかもしれないね。