ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

トロッコ軌道を敷設したり、好きなもの作っているの。

野良レールとの遭遇の巻

冒険を続けるライル一行が、近所のあまり通らない道を通ったらね、

「あれ?あれは、まさかっ!」

f:id:pippirail:20180207220901j:image

「こ、これは!野生化した野良レールじゃないか!一体どうしてここに…」

 

_人人人人人人人人人人人人人_
> 野生化した野良レール! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

てか野良レールってなんだ?

 

「しかもセドリックの封印がされて、勇者しか抜けないようになっている…」

 

_人人人人人人人人人人人_
> セドリックの封印! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

てかセドリック、響きがそれっぽいけどタダの昔のクルマやん!

f:id:pippirail:20180207150151j:image

この堂々とした佇まい

「そこにあるだけで凄い存在感だっ。これは名のあるレール様に違いないっ!」

 

刻印探したんだけど、見えんかった…(´・ω・`)ショボーン

f:id:pippirail:20180207220943j:image

 

しかも結構数がある!

でもこのサイズは僕の力じゃ曲がらないなぁ…

f:id:pippirail:20180207220952j:image

高さ10cmぐらいかな。てことは30kgレール?

ちゃんと測ってくれば良かった…(´・ω・`)ショボーン

 

そう、思い起こせば数年前。

〜〜〜〜〜〜

ワンコの散歩中、別の場所で野良レールを見つけたのが、ボクのトロッコ鉄道の始まりだったんだよね…

 

もらう前に何ヶ月か、本当に自宅の庭にレール敷くのか、技術的に敷けるのか悩んだのね。

 

挙句、結局関係者らしき人に声かけて話通してもらって、交渉して売ってもらって。

 

それからは怒涛の敷設工事と、道具買って切って曲げての失敗と挫折の日々が始まったのだった。

それはまさに、建設を妨害せんと暗躍する、帝国軍との戦いの日々だったのだっ!(`・ω・´) シャキーン

 

 

うむむ、廃レール見かけただけなのに感慨深いなぁ。ドラマだなぁ。

ネーバエンディンストーォリー♪

オオォーオオォーオオォーオォー♪

 

そしてなんかこの付近の土地、レールに縁があるよねー。(๑>◡<๑)