ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

トロッコ軌道を敷設したり、好きなもの作っているの。

トランプとらおホットライン

前回のあらすじ。

〜セメントが固まらない原因、それはまさかの不良セメント混入だった。消火栓DIYはこのまま頓挫してしまうのか!〜

 

ところが不敵に微笑むライル

「固まらないコンクリート。全て織り込み済みだっ!」

えーっ!

「ふふふ、実は帝国軍の罠を逆手に取って、工事をわざと失敗させたんだ。」

実は帝国軍の工作員だった悪い作業員「なんだと!」

「そして全ては、この湿気った不良セメントを炙り出して、お前らを一網打尽にするための布石だったんだっ!」

ヒェ〜マジか!それは気づかんかったわ((((;゚Д゚)))))))

 

「だかセメントのストックは全て使い果たしたはず?」
「いや、湿気ってない本命セメントは、安全な場所で保護してあるんだっ。」

 

そして全く固まっていないセメントを掘り返したよ。

本当にすぐ掘れるとはっ!本格的ダメダメ具合。

f:id:pippirail:20171119170702j:image

 

しかーしここで問題が!

湿気ってないセメントは、遥か東の物置に保護されていた。だが、この消火栓を建ててる南西の人口密集地との間には、トロッコ軌道が通っていないのだ!

一方で頼みのカートは、木材輸送用に魔改造されてしまっている。

もはやここまでか…と誰もが思ったそこへ

f:id:pippirail:20171120080427j:image

「は、ハロー、うぇるかむ、ミスターラジオフライヤー」

トランプとらおホッホラインを使った緊急要請により、アメリカから助っ人としてやってきたラジオフライヤー。

その驚異の積載量で、見事に開封済み乾燥セメントが現場に到着したお!(`・ω・´) シャキーン

 

という要らないくだりを混入してと。

f:id:pippirail:20171119170416j:image

そしてー、今度はちゃんとレベルを括り付けて垂直測りながら鉄筋留めて、『本気モルタル』を投下。

「レッツゴードン!」

f:id:pippirail:20171119170427j:image

さらに一旦掻き出した不良セメントを骨材に、本気セメントを混ぜてコンクリートにして

「これで産廃もろとも一網打尽だー!」

f:id:pippirail:20171119170442j:image

そこからまさかの水栓稼働!

「ふふふ、実は配管通っているからいつでも稼働できる状態だったんだ!」

f:id:pippirail:20171119170454j:image

からのー

「ライルバイブレーショーーーン!」

コテ先から繰り出される超高速微振動により、コンクリートを締めて強度を上げる渾身の必殺技なのだ!

f:id:pippirail:20171119170503j:image

でけた。

「厳しい戦いだった…」

 

「ライルよ。この勝利を称えてそなたに褒美を使わす。」

「おお、こらはふるさと納税で届いたラム肉ではありませぬか!」

わーい(๑>◡<๑)

 

肉祭りじゃー