ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

ぴぴらいるが自宅の庭に15インチのゲージのトロッコ軌道を敷設する苦難の道のりを描いた感動のドキュメンタリー

絵付きタイルのレリーフと魔女の森

この間ね、会社の近くのアンティーク屋さんを覗いてみただよ。

馬に乗った騎士像付き時計やら、ヴィーナス像やら、まぁ色々置いてあったんだけど、その中でもひときわ目を惹く一品が!

「おー、絵付きタイルのレリーフ!いい仕事してますねぇ〜」

絵付きタイルが額縁風の枠の中に9枚並べてあって、一枚の絵になってるの。

「お値段は〜、ジャカジャン!」

「5800」

おー、えー?こんないい仕事してるのに5800円なのっ!もー即決じゃん。(`・ω・´) シャキーン

「おばちゃーん。これ5800円なの?」

「うふふ、お客様。桁が大きくなるからゼロ取ってあるんですのよ、ウフフ」

「へ?」

ゼロが取ってあるんですのよ?だと。意味わからん。

ははーん。

「ドル建てでセントが書いてない的な?」

「いえ、お客様。円建てでゼロが3つほど書いてないだけでございますのよ。うふふふ。」

へ?

「円建てで、ゼロが3つ書いてないとは、そちもまた異な事を申しおるな。わはは。」

ライルは思わず殿化してしまった!

「ですのでお客様。単純に値札にゼロを3つつけた金額ですわ。オホホホホ。」

げ、てことはだよ。

「では鑑定額お願いします。」

「一、十、百、千、万、十万、百万…」

580万かー!ふーん。

えっ?いまなんつった?

580万円なの?
てか、そんなもの床に無造作に転がしとくなよ!

オーマイガッ!ジャパンにそんなルールがあるなんてキイテナイヨー。

それに周りのものみんな100万越えのアンティーク!うっかりリュックを引っ掛けようものなら余裕で死ねる。

ひぇー、恐ろしい魔女の森に迷い込んでしまった。完全アウェーだ。殺される〜!

「お客様。またのお越しをお待ちしておりますわ、うふふふふふふふふふふふ〜〜」

という事件があってだな…(๑˃̵ᴗ˂̵)てへぺろ

そして工作の神様が降臨なされての、突然のお絵描きターイム。

こんなん描けましたけど。

うちにある割れたテラコッタのタイルと、こんなこともあろうかと買って置いた安い時計のムーブメントだけ使って作れそう。

そうそう、後で調べたら、レリーフは凹凸付きのやつなのね。

じゃ絵付きタイルの…なんていえばいいんだろう?