ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

ぴぴらいるが自宅の庭に15インチのゲージのトロッコ軌道を敷設する苦難の道のりを描いた感動のドキュメンタリー

焚き火結界とワームの来襲

シャキン!

適当に切ってと。適当建築士たる者、もちろん長さなど測らない!

そして適当に置いてみる。

「適当にってむつかしい…」

どうしても癖で平行や直角や455mm幅に縛られちゃうのよね…感性が問われるなぁ…

なので作戦変更(`・ω・´) シャキーン

名付けて、「もう2x4には頼らない!自然技を並べる作戦」決行。

がーん。全然あってない…隙間だらけや…

でも大丈夫なんでした〜

「適当流奥義!後差し結合!」

くっくっく。ここで奥義を使うことなるとは…

だかだ、ここでとんでも無いもの、居てはいけない生命体を発見してしまった。 あろうことか既にビス留めしちゃった小枝に…

「む?」

「むむ?」

「一寸ムカデ!」

「ぎゃー!」

ざらしで放置していた小枝の皮の隙間に紛れ込む、危険生物一寸ムカデ!

先に皮剥いで小枝乾燥させとくべきだった…

完全に手順まつがえた!

「我らが聖域の結界を守りきるか、ワームの巣になるか。こうなったらワームどもとの全面戦争じゃい!」

遂に結界をかけたワームとの全面戦争に突入したのであった!