ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

ぴぴらいるが自宅の庭に15インチのゲージのトロッコ軌道を敷設する苦難の道のりを描いた感動のドキュメンタリー

オイスターボムとローストビーフ

散策してて樹液見つけたのでお届けだよ〜! なんか可愛い(๑>◡<๑)

夜の冷え込みも和らいできたので、頃合いを見計らって、焚き火を起こしたよ。 真冬でも毎週のように焚き火でしてたろって?

「うーん、記憶にございません」( ´_ゝ`)フーン

ここで事件ががが。
この前蒸し牡蠣にした残骸の牡蠣殻なんだけどね、これ焚き火で燃しちゃえばいいんじゃね?と思って投入したんだけどもう大変!

ボンッ! ボンッ!
ボンッボンッ!

あー、全部オイスターボム💣にメガ進化してるっ!

こんなに爆ぜると思わなかったお…(´・ω・`)ショボーン

しかも、爆発💥とともに熱くなった牡蠣殻の破片がオイスターだけにクラスター爆弾化して飛んでくるもんだから…

「まじでじぬがどおもっだー(´༎ຶོρ༎ຶོ`)」

立派な貝殻石灰として畑に撒いて、食べた後も二度美味しい作戦だったんだけど、思わぬ誤算がっ!

ぜーはーぜーはー
火が落ち着いてやっとオイスターボムの爆炎地獄から解放されたら、お肉ターイム!

ドーン!なんかいつもよりデカイ気がするが、それもそのはず、今回は1.5kgのライル全身全霊の全力投入だからなのだ!

死力を尽くして食べるのだ!

そして、さらに、ウインナーも投入だっ!

「隊長殿!大変です!肉表面の炭化が始まっています!」
「なに?シェラスコ隊は何をしている?」
シェラスコ隊はナイフ片手に善戦しているのですが、表面積がデカすぎてとても削ぎ食いが間に合いません!」
ライル自慢のシェラスコ隊をも凌駕するとは恐るべし肉塊、いや肉塊を超えた肉塊山、いわばブロックミートマウンテンと言えよう…
なんだかな(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

こうなったら最後の手段だ。
シェラスコ隊、限界突破ぁぁ!」

もはや、自分が焼いてるものがローストビーフなんだか、シェラスコなんだか、はたまたビーフジャーキーなんだか、そもそも食べてるのか戦ってるのか、色々わからなくなっている気がするぞ…

とにかく今日もいろいろ頑張った!

残りのお肉は肉汁落ち着かせて、ローストビーフで食べちゃうんだ!