ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

ぴぴらいるが自宅の庭に15インチのゲージのトロッコ軌道を敷設する苦難の道のりを描いた感動のドキュメンタリー

「現物あわせは基本です」よねー

大トロをポイント通過させる時に、まだガイドレールに当たったりフログに当たったりするんだよね。

今日も地道な調整が延々続くよ!

死ぬほど辛いよ!

見ない方がいいよ!

先ずはこの線路外してと。 このフログ先端は、支点の関係もあって、端に近いギリギリの所はテコで曲げられないんだよね…

それでも何とか、うんしょうんしょとレールをベンダーに差し込んでって、曲げて、抜いてってはぁ。

このレールで重さ25kgぐらいかなぁ。

げ、曲げすぎた。(´・ω・`)ショボーン

また25kgを…

反対側からベンダーのヘッド外してと戻してと。

もちろんこれも、25kgの長物をベンダーに差し込んでっての一連の移動があるからね。

やっぱりカーブがイン側とアウト側で合わないなあ。フログ端ギリギリで曲げないとダメだよね…

でパイプベンダーの支持点をずらして、 おお、少し曲がった!

でもあまりやると、色々無理がたたるから控えめにね。

そしてレールを戻して一旦を止めたところで、ふと気がついた。

「レールを狭目に置いといて、トロを転がして広げさせればぴったりになるんじゃ?」

それはいい!規定幅では無くて、通るものが幅を決めていくよ!

おお、凄くボク向きのやり方じゃん!何で今まで気が付かなかったんだろう。

そして更にかなりスムーズになったよ!

当初思ってるよりかなりレール幅狭く作らないとダメなことが判明。

しかも今日はここまでメジャーの出番はないから、その適正幅はミリメールとかでは無くて、シャーマンの伝承によってのみ後世に伝えられるのであった!ʕ•ᴥ•ʔ

なんか万事が全て現物あわせベースで進めているんだけど、こんな事で良いのかな?

シャーマン「現物あわせは基本です!」

「ははー!」

そしてひれ伏すライル一同

続く