読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

ぴぴらいるが自宅の庭に15インチのゲージのトロッコ軌道を敷設する苦難の道のりを描いた感動のドキュメンタリー

SOGIGUI〜塊肉削ぎ食い

焚き火 ファンタジー キャンプ

今日は朝から狙ってたんだよ。

何って?そりゃ夜の天気に決まってるよ。

多分日中は強風でも、夜は風が止んで穏やかになるんじゃないかと思ってたんだけど、まんまと目論見通りに運びおって!うひひひ

 

ヤバス、ダークフォースに飲み込まれるところじゃった。

では早速庭で真冬の焚き火だよ。

f:id:pippirail:20170121225951j:image

火を起こして悪霊退散しておいた方がいいよね。

f:id:pippirail:20170121230308j:image

どうせなら網置いといた方がいいよねえ。

f:id:pippirail:20170121230449j:image

網があるなら肉🍖のせて焼いといたほうがいいよね。

f:id:pippirail:20170121230527j:image

ついでにエリンギもね。

f:id:pippirail:20170121230620j:image

エリンギ「はっ、貴女はまさか!生き別れになった、お母様?」

リブロース「残念だけど、貴女のお母様ではないの。」

エリ「お母様の匂いがしたのに…」

リブ「それは、このエリアのせいね。この場所にはスモークの結界が張られているから、その香りのせいね…」

 

兎に角ね、スモーク風味でお肉とエリンギを堪能したのでした。エリンギもこうして焼くと美味しいね。

f:id:pippirail:20170122221034j:image

ジュ〜シー

f:id:pippirail:20170122221123j:image

てもね、お肉が焼けたところからナイフで削いで食べていくもんだから、段々と小さくなっていくんだ…

f:id:pippirail:20170122221221j:image

あ、また

f:id:pippirail:20170122221313j:image

なんか当初と別物になってきた。

f:id:pippirail:20170122221402j:image

こんなに小さく…

f:id:pippirail:20170122221438j:image

ううぅ。終わってしまう…(´・ω・`)ショボーン

 

f:id:pippirail:20170122221518j:image

それを横で見てたこいつは、多分一つ目のモンスターだと思う。