読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

ぴぴらいるが自宅の庭に15インチのゲージのトロッコ軌道を敷設する苦難の道のりを描いた感動のドキュメンタリー

工作精度向上委員会

おはよう、ライルの鉄道建設短期集中講座の時間だよ。

 

まずは朝一で昨日切った短いリード部分のレールをカーブに合わせて軽く曲げてくよ。久しぶりに登場のベンちゃん持ってきてと、

キコキコキコ

f:id:pippirail:20161210095158j:image

ほれと。今や9kgレールの曲げなんてね、ボクにとってお茶の子さいさいの、ちょちょいのちょい。でもお茶の子って誰なん?

 

そして

f:id:pippirail:20161210095727j:image

「おお、一発で行けた!完璧だよ。」

 

んじゃ次は付き合わせ部分のフットの当たりを切るかなぁ。

f:id:pippirail:20161210095943j:image

この真ん中の薄いところね。

 

さらにこちらも。

f:id:pippirail:20161210101114j:image

これはノーズレールの付き合わせ部分だね。

f:id:pippirail:20161210101559j:image

複雑なカットも手鋸とセーバーソーの合わせ技であっという間にこの通り。

 

そして…なんか嘘みたいにカッチリとしてきたんですけど。(`・ω・´) シャキーン

f:id:pippirail:20161210103650j:image

 

「しかしなんかここにきてボクらしからぬ工作精度だよ。なんか悪いことが起こらなきゃいいけど…」

 

胸騒ぎを覚えるライルであった。

 

この区間、そもそも午前中は陽が当たらないうえに、さらに曇って冷たい風も吹いて来ててやたら寒い…

 

「ふ、震えが止まらないよ。」