読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

ぴぴらいるが自宅の庭に15インチのゲージのトロッコ軌道を敷設する苦難の道のりを描いた感動のドキュメンタリー

焚き火唐揚げ

焚き火

さて、今晩はライルが唐揚げを作っていくよ。

 

まず焚き火からね。

f:id:pippirail:20161119183540j:image

今日は雨上がりで地面が湿気ってるから、乾いた枝わ薪を並べて、ベッドにするよ。

 

その上に焚き付けの小枝並べて、新聞紙で着火。

 

でその間に、ニンニクと生姜すりおろして、醤油と水とお酒と砂糖と塩を胡椒を混ぜてたタレ作って、鶏肉一キロ漬け込んできたよ。もう少しタレの水分減らせば良かったかも…

 

そうこうしてるうちに、こちらは僕好みの良い感じの炎になったお!でももう少し育てとくねっ!

f:id:pippirail:20161119183954j:image

 

頃合いをみて、キラーマグロのカマに軽く塩振って投入、ドーン!

f:id:pippirail:20161119185751j:image

マグロのカマは、ワイルド感がでて良い食材だよね。しかも冷凍のカマは、このサイズでたったの380ゴールドで買えるというお買い得商品!でもこれは長期戦用。

 

そして焚き火でダッチオーブンだと火の具合次第ですぐだけど、適温になったら本編のデビルチキンさんいらっしゃーい!ドーン

あ、焚き火だとすぐ油の温度上がりすぎるから注意ね。

f:id:pippirail:20161119195426j:image

そして、余熱で火を通して二度揚げ的な?

f:id:pippirail:20161119195711j:image

そして、ウマスー!(*´ω`)

 

そのとき悲劇は起こったのだった。

ライルがマグロカマを調整しようと網の高さを変えた時に、左の素手で網を触ってしまうという愚を犯したのだった!

 

「ぎゃー、熱いっ!」

 

時すでに遅しである。

 

「火傷にはポーションじゃない。馬油だっ!」

 

ファンダジーらしからぬ秘薬で治るのか?

 

注!あ、ここはファンダジック鉄道建設ドキュメントブログなんで、ファンダジー成分が常に50%入りです。ご注意ください。

 

 

そしてあがりんこ!

f:id:pippirail:20161119204647j:image

あら、美味しそう。しかも村人にも「外はカリカリ、中はフワフワ」と言わしめた逸品になりました!

 

そしてカマりんも!

f:id:pippirail:20161119204910j:image 

スモーク入るとやばい。一時期スモーク貰いすぎた時期があって嫌いだったのが嘘みたい。