読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

ぴぴらいるが自宅の庭に15インチのゲージのトロッコ軌道を敷設する苦難の道のりを描いた感動のドキュメンタリー

春の錆レール祭り

皆様(草ぴー)の熱い声援にお答えして、ここに全国の錆レールファン(草ぴー)のための、春の錆レール祭りを開催する事を宣言しますっ!

まずは〜エントリーナンバー1 「春の大トロさんと錆レール」 うーむ。春の明るい陽気とは裏腹に、使われなくなって佇む感のトロッコと錆レールの組み合わせ、何とも言えない郷愁を誘いますよねっ(๑>◡<๑)

続いては〜エントリーナンバー2 「遥かなる錆レール」 線路はね、🛤続くよどこまでも〜なんだけど、だがしかーし!続くはずの先は草に埋もれてるし、本当は続いてないんじゃない?(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

さらにー 「春のクロッシング 西日に照らされたクロッシング。いやーここの調整は大変だった。その膨大な作業工数を考えると、隙間だらけで工作精度の低いポイント一つでも味わい深い光景なのですっ。隙間があるからこそ通過時にカタンカタンと音が鳴るのです(`・ω・´) シャキーン

そして、 「草ボーボー」 もはやタイトルに草しか入ってないほど、緑の勢力が強い。そしてあたかも建設途中で投げ出されたかのような適当な車止めががが

ここは配管通してから敷設をするつもりなだけで、投げ出して本当に廃線になったわけじゃないからねっ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

そして今日、遂に帝国軍の刺客の虫型モンスターにやられて枯れたオリーブたんを泣く泣く自ら切った(ToT)
たしか家を建てた時に植えて、せっかく大きくなって花も咲いて、後は実をつけるだけだったのに…(´・ω・`)ショボーン
そして全米が泣いた(当社調べ)

ひょっとすると、この結婚相手として植えたものの先に枯れたチビオリーブ「ランラン(仮名)」もこの帝国軍のモンスターにやられたのかも知れないな。くそっ、どこまでも卑劣な帝国軍め許さないぞっ!

まてよ、ランラン自体がトロイの木馬。敵の回し者なのか?!まさかお前はイスラミックステートかっ!

血塗られた生首と地獄の業火

先日、おどろおどろしいタイトル付けた所で満足したまま、その内容まで辿り着かずに終わってた回があったことを、ふと思い出したよ。

「やってもうたっ!」

なので今日はここ最近のライル炎の料理、怒涛のスペシャルサービス三連発だよっ!

まずは磯野家の長男、特に恨みはないが、お前から血祭りに上げてくれるわ!悪く思うなよ。

出刃で肩の脇から皮膚を剥ぐようにブスリと刺して首まで持って行き、最後は首で背骨を一刀両断に落としてやったわ!勿論あたり一面血の海の怨念渦巻く凄惨な殺人現場さ。

「これでもう中島と野球をすることもできまい。否、我こそが波平の怒号からお主を解放してやった救世主なのだ。」

そして残った首無し死体を、さらに四つバラバラに切り刻んで、完全に猟奇殺人。まさに悪魔の仕業といえよう。

もはや憐れな肉片と化した磯野家の長男の亡骸を、その尊厳を踏みにじるかのごとく、地獄の業火で皮膚を焼き焦がす鬼畜な所業だよっ(๑>◡<๑)きゃっきゃっ

燃え上がーれー♪燃え上がーれー♪燃え上がーれー♪カツダム〜

はっ、カツダムっ?(๑•ૅㅁ•๑)

本当は藁焼きなところだけど、この日は薪ストーブで焼いた。エコじゃろ?(๑>◡<๑)

そして磯野のタタキの出来上がり。ちがーう、カツオだ。

さらに今日食べない分は、腐らぬよう冷凍して永久に氷の室に凍死体として隠しておくというエコな完全犯罪ぶり。


そしてー!とある日には〜

ブーちゃんの塊肉を石窯の、またまた地獄の業火でー

そして200℃ちょいで20分後こうなった

ここから、さらに野菜と共にさらに20分程焼いて〜

溢れ出る肉汁🍖

表面のジューシーに焦げた部分は、焼けた後すぐに全部ライルが美味しくいただきました。


そしてさらにーとある日には、温めておいた石窯に野菜並べて、ワインとオイル振った鯛をドーン💥🐟

芋も別枠で、オレンジの光跡は多分マーメイドの霊魂だと思うよ(๑>◡<๑)

匠の絶妙な石窯の火加減コントールをしつつ

そして憐れなマーメイドの焼死体発見!


今週末あたり、そろそろ直火でスモーキービーフかなんか焼く頃合いかも知れないね。

でもファイヤープレースに屋根がないから、天気が悪いとすぐ石窯料理になっちゃうんだよねぇ…(´・ω・`)ショボーン

焼き鳥やミートローフも焼きたいしなぁ。うーむどうしよぅ。

恐怖の地雷原と第三次トレント討伐隊

春の到来と共に、休戦中だった雑草との戦いが活発化して、てんやわんやのライルだよ。

でもご褒美に、お花が至る所で🌼開花していい感じ。あちこちに球根を仕込んで、仕込んだ本人も何処に仕込んだかわからない、恐怖の地雷原となっているのだっ!(๑>◡<๑) ギボウシやら、行者ニンニクも芽を出してきた。ラブリー球根!(๑>◡<๑)

クリスマスローズ、略してクリロズもきゃわわっ!

そしてー、今日はー、用事の合間を縫って第三次トレント討伐隊出陣だよ。第三次であってたか自信がないけど…!

ライル謹製魔改造カートに、チェーンソーやらを積み込んでと。

そして今日のターゲットは此奴らだ!肝心なのは、ファイヤープレースの屋根の柱材にするのに、太からず、細からず、短からずの、適度な長尺材がとれるかどうかだからね。悪く思うなよっと

そして気づかれないように背後から忍び込んでからのー 「うりゃっ!」 倒す側に1/3ぐらい水平に切り込み入れて、そこまで斜めに落として受け口作ってと。

反対側の少し上から追い口入れたら、
「グギギギギ…」 「ドドーン」

あの大型トレントが、断末魔の軋みをあげながら倒れた!
しかし「断末魔」はボクの人生の中で初めて使った言葉な気がする…そのうち「阿鼻叫喚」あたりを人生初投入してみよう(๑>◡<๑)

そしてこっちも
と言いつつも、上空の枝落としたり、本体倒すの超緊張する…
万一ボクのボディーで受けたら、あっさりやられるし

少し上手くなったかも!

と思ってたら、小枝落としててチェーンソーが挟まれて抜けなくなって軽く泣いた(๑˃̵ᴗ˂̵)
そういうの、もし上空の枝でやるとマジやばいから。マジ危険すぎる…

もう一体退治したいけど、暗くなっちゃうからなぁ。タイヤが少し沈んだかもね。危険作業はヘトヘトにHP枯渇する前に帰るに限る。

えっちらおっちら運んできて、今日はフロントヤードから搬入したよ。
カーブがギリギリだ…ヤレヤレ ┐(´ー`)┌

なんとか現場まで搬入した。雨が多くなる前にこの屋根を完成させないと、今後の焚き火料理に掛かってくるからね。

そして最後にサービスショットの春レールだよ。(๑>◡<๑) 今日はトロさん達は出番なし…

座金職人とサイボーグトレント

春になってハナダイコンが咲いた。これ野の花で可愛いのでボクが移植して増やしたんだよ。

でもこれだけ増えてくると、園芸品種と違って少し煩くなってくる気がすると…ヾ(・ω・o) ォィォィ

そして我がエージング座金班は、薪ストーブシーズンも終わっちゃうから、大量に座金に焼きを入れておいたんだ。
これぐらいレール敷き始めたらすぐ使い切っちゃうけどね。

というわけで、今日はトレントの身体をライル極秘研究所に持ち込んで改造していくのだ!

まずはね、垂直に立つように足首をチェーンソーでバッサリ斬っていくよ!

こんな感じかな?

うーん。うまく立たない…
チョークでマークをつけてもう一丁

そして、買ってきた束石と異素材結合スペースランデブー!

からの〜
「我こそは〜!座金を愛し〜、座金に愛された男〜!」

エージング座金職人のボクの座金ストックから出してきてボルトで合体だよ。これは使わなかったサイズの座金でエージング加工はしてないよ。

「このサイボーグトレントを使って帝国軍に一泡食らわせてやるんだ!」

だがサイボーグトレントは今三体。本来四体いないと、サイボーグトレントの究極合体しての必殺技が使えないのだ!

「こうなったら、もう一度あの魔物の森に行って、トレント討伐するしかないっ!」

だが、もう日暮れだよ。また来週かも…

トムさんの教会⛪️の夕べ

業務連絡。今日はライルの必殺石窯アクアパッツァの予定だよ。(๑>◡<๑)

花咲か爺と地獄の火炎

うめ〜は〜〜さい〜た〜〜か♪

必殺、ハーナーサーカー! 花咲か爺!チェリーブロッーサム!

というわけで、庭のサクランボがこないだ咲いた。ボクのンボは食えもしないソメイなんたらケッ!より開花が早いんだよ。しかも食べられるんだっ(๑>◡<๑)

ソメイの存在意義がわからないよ!

そしてやっとこないだ討伐したトレントのボディーをカートから降ろして並べてファイヤープレースの屋根の構想を練ったよ。

でも外にはこの時期3分毎にしか出れないという。なぜならカフーンショーの呪いで鼻がヒクヒクしてくるからウルトラマンの気持ちなのだ!

暑くなる前にいろいろしたいのにな。

オイスターボムとローストビーフ

散策してて樹液見つけたのでお届けだよ〜! なんか可愛い(๑>◡<๑)

夜の冷え込みも和らいできたので、頃合いを見計らって、焚き火を起こしたよ。 真冬でも毎週のように焚き火でしてたろって?

「うーん、記憶にございません」( ´_ゝ`)フーン

ここで事件ががが。
この前蒸し牡蠣にした残骸の牡蠣殻なんだけどね、これ焚き火で燃しちゃえばいいんじゃね?と思って投入したんだけどもう大変!

ボンッ! ボンッ!
ボンッボンッ!

あー、全部オイスターボム💣にメガ進化してるっ!

こんなに爆ぜると思わなかったお…(´・ω・`)ショボーン

しかも、爆発💥とともに熱くなった牡蠣殻の破片がオイスターだけにクラスター爆弾化して飛んでくるもんだから…

「まじでじぬがどおもっだー(´༎ຶོρ༎ຶོ`)」

立派な貝殻石灰として畑に撒いて、食べた後も二度美味しい作戦だったんだけど、思わぬ誤算がっ!

ぜーはーぜーはー
火が落ち着いてやっとオイスターボムの爆炎地獄から解放されたら、お肉ターイム!

ドーン!なんかいつもよりデカイ気がするが、それもそのはず、今回は1.5kgのライル全身全霊の全力投入だからなのだ!

死力を尽くして食べるのだ!

そして、さらに、ウインナーも投入だっ!

「隊長殿!大変です!肉表面の炭化が始まっています!」
「なに?シェラスコ隊は何をしている?」
シェラスコ隊はナイフ片手に善戦しているのですが、表面積がデカすぎてとても削ぎ食いが間に合いません!」
ライル自慢のシェラスコ隊をも凌駕するとは恐るべし肉塊、いや肉塊を超えた肉塊山、いわばブロックミートマウンテンと言えよう…
なんだかな(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

こうなったら最後の手段だ。
シェラスコ隊、限界突破ぁぁ!」

もはや、自分が焼いてるものがローストビーフなんだか、シェラスコなんだか、はたまたビーフジャーキーなんだか、そもそも食べてるのか戦ってるのか、色々わからなくなっている気がするぞ…

とにかく今日もいろいろ頑張った!

残りのお肉は肉汁落ち着かせて、ローストビーフで食べちゃうんだ!

トロッコ大作戦と薪ロード

なんか三連休は超天気がいいような前評判だったのに、蓋を開けてみりゃ意外と寒々しい曇り空でガックリなライルだよ。

それではお待ちかね〜のトロッコ大作戦、野積みの薪の大移動だよ。

線路が足りなくなって、今はこの区間迄だからここまではカゴに入れて人力移動してきてからの、小トロ輸送。

大トロ🍣に合わせてポイントのレール幅を調整して少し詰めたから、小トロは今は一部区間が通行不可になっちゃった…(´༎ຶོρ༎ຶོ`) 小トロの改軌しないとね。

そしてまた人力移動。

そして積み込んでっと

そしたら、ゴロゴロ

ここの薪移動したら、薪棚を新規に作って、その上でトロッコ路線を再検討するつもり。薪棚かすめて、石窯までぐるっと繋ながると便利なんだけどなぁ。

シルクロードならぬ薪ロードだね。

反対側は薪棚前のポイント経由して、玄関前まで冬季の薪ストーブ燃料の輸送ルートになる予定だよ。こっちも遥かなる薪ロードだよ。

大トロさんは今日も出番なし。雨避け被せたままを早くなんとかしてあげたいところなんだけど。