ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

トロッコ軌道を敷設したり、好きなもの作っているの。

マキダナー実戦配備、そして伝説の剣再び

「『マキダナーIV』の実戦配備の状況は?」

「はっ、すでに我が軍の最前線に配備済みですでに使用率20%で稼働中でありますっ!」

 

マキダナーIVはご存知の通り、薪棚型モビルアーマーの4号機ってことね。

 

「どれどれ…ばっかもーん!薪以外ばっかやないかー!」

「お言葉ですが隊長!なにせ我が軍には屋根下空間が圧倒的に不足しておりまして、こうでもしないとやりくりできんのでありますっ!」

ぐぬぬ…折角の新造最新アーマーが早速こんな姿に…」(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

f:id:pippirail:20171218080630j:image

貴重な屋根下スペースは薪以外にも大人気なのよね…後で何とかしよう。

 

ほいでー、高い塔をこの辺においおい建てるんだけど、その場所を仮に決めておくことにしたんだ!

f:id:pippirail:20171218094123j:image

中心適当に決めて杭うって、半径1メートルの円周状にまた杭うってと。

こんなかな〜。

f:id:pippirail:20171218094507j:image

ここでのポイントは、傾斜した土地の有効活用を忘れないところねっ。冴え渡る匠の技。土地は作れるっ!

 

ロッコの軌道は、この円周をかわしながらマキダナーに向かう計画なのね。

 

この土まみれの感じがすごく好みなんだけど、この線路は一旦除去してと。そもそも置いてあるだけだけど…

f:id:pippirail:20171218093933j:image

そしてこのレール、当初行われた学術調査によって、9kgレールだと判明してるのね。定尺5.5m分を現代質量に換算すると、重さがなんと50kg近くもあって超重い。

 

このままじゃとても取り回しが辛いから、ライル宝物殿から秘蔵の魔道具を取り出して

 

「チェストー!」

「おお、あれは!まさかっ!鉄をも切るという伝説の剣!」

f:id:pippirail:20171218095007j:image

わお、久しぶりのセーバーソーのセバスチャンじゃないかっ!

「なんと見事な剣技!」(`・ω・´) シャキーン

しかも今回は曲がらずに切れてるっ!素晴らしすぎるっ!いつも曲がってのに。

ライルは剣技の習熟度が一定に達して、ついに『セイバーの剣技Lv5』を手に入れた!

 

「ふふふ、もうかつてのボクとは違うのだよ!これで聖杯戦争にも勝っ!」

f:id:pippirail:20171218095752j:image

これで一つ25kgぐらい。これなら何とかなる。端はテコが掛けられなくて、曲げられないから、これぐらいの長さが丁度良いいよねー(๑>◡<๑)

 

そうこうしてる中、またまた突然の薪の頂き物がありまして…軽トラ一台分。なんかあっちこっち忙しいなぁ。

 

「それにしても偶然にしては、都合の良すぎるタイミングっ!まさかっ、マキダナー建造は監視されていたとでもいうのかっ!」

f:id:pippirail:20171218100048j:image

てかマジで薪棚作っておいてよかった…

バックヤードまでの輸送ルートの確保が急務なんだけど。

 

はぁ、実はさらにもう一人、薪持ってくるって言ってた人がいるんだよね。薪の山を片付けないと…いきなり全部は辛いから、少しずつ片付けるか…

 

じゃ今度はチェーンソー登場。

「げ、チェーンのテンション低めっ!」

f:id:pippirail:20171218101444j:image

調整したらいざ出撃!このところキャブの調子がすこぶる良くて、エンジン快調だなぁ。(๑>◡<๑)

f:id:pippirail:20171218101341j:image

ここまで切ったところで、あれまの燃料切れ。

てかボクのHPもそこそこ減ってるし。

 

丸太を切るでしょ、玉切りのそれらをよかしてした残りを切るでしょ。そもそもその間もずっとチェーンソー持ったままだから、手の筋肉がパンパンだぉぉぉ。

 

さらにHP使い果たすと、チェーンソー持ちながらフラフラしてきてマジで危ないっ。早めの撤退が大事だよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

メッシュシールド、驚異のエネルギー効率

f:id:pippirail:20171216164856j:image

「よし、ザクっ!君に決めたっ!」

「ザクー、ザクー!」

そうと決まればさくっ塗るだけ!

だが意外と時間がかかったぉ。これじゃポケモンマスターになれない…

 

そうそう、標準仕様のグレーは浸透性保護塗料なのね。で今回のザク色のオリーブグリーンはふつうの水性ペンキなの。ペンキは表面に膜作るから、劣化した時に塗料皮膜の裏に水分が入って裏側から腐りやすいの。

だけど、一番の保護は何と言っても軒を深くとって雨に当てないことだから、多分このマキダナーは大丈夫。

 

そしてついに、

「塗れたー!」

f:id:pippirail:20171216165948j:image

あと床を端しか止めてなかったから、テコで間隔揃えながらビスうち。

f:id:pippirail:20171216170155j:image

うむ、完成間近じゃないかっ!

だが、ここからが時間がかかった(ㆀ˘・з・˘)

 

壁に鉄筋の2000x1000mmのφ5のメッシュ買ってきたんだけど、いつも、カットした残りの変なサイズや、斜めの残りが余りまくって始末に困るのね。この間消火栓の基礎に最大火力で投下したけど…まだ余りが…(´・ω・`)ショボーン

 

板取、いや、メッシュ取りどうするか悩みに悩んで、悟りに入って早三年…(ㆀ˘・з・˘)

 

 

 

そして三年後のある日。ライルは突如、閃光に打たれたかのような感覚を覚えた!そしてゆっくりと開眼すると

 

「は、まさか!この場合の最適解は横だった…」 

 

そして、ライルはスラスラと黒板に数式を並べ…一人悦に入ってしばらくすると、遂に全軍に指令を出したのだ!

 

「全軍に次ぐ!ポートレートモードオンッ!サイドシールド4列で全開、リアシールド併用して出力を絞れっ!作戦名は『フスマ作戦』!全軍展開っ、急げっ!」

f:id:pippirail:20171216170322j:image

あなをホジホジ

それをずらりと等間隔に並べて。

リアルワールドもコピペ出来れば楽なのにね。

f:id:pippirail:20171216170604j:image

そして鉄筋メッシュ。これはメーターサイズなので、910mmベースで作ってると少し余るのね。なので敢えて横使いにして、柱より少し広めにカット。

これで襖方式で片方にブスリと差し込んでから、引き戻すと

「おお、ピッタリじゃないか!しかも押さえ板使わないから、低コスト。まさにライルランド向け!」

一枚でサイド一面とリア少しとれるから…

カタカタカタカタ

「た、隊長!何度計算してもメッシュシールドのエネルギー効率が93%オーバーです。驚愕の数値です。」

 

これをサイドの4面を上下分割で、裏面に余りをはめれば、待望のエコな薪の落下防止システムが完成するはず。

 

だがっ

「ぐぬっ、こんな時に弾切れかっ。」

こんな事もあろうかと今日は予備を充電してあるのだっ!今日のライルは冴えているのだっ!

「んじゃホルスターかえてと、カシャ!」

f:id:pippirail:20171216171443j:image

なんか弾倉Aが、少し逝かれつつあるような気がするから、ほぼメインは弾倉Bなんだけど…

 

手こずったメッシュ張りができたら、すかさず柱の対角線測って、こんな斜めカット。

f:id:pippirail:20171216171940j:image

それを先に色塗ってから

f:id:pippirail:20171216172126j:image

「げっ、一枚塗るサイド間違えた。」 

やり直しかー。結局手が汚れて意味ないじゃーん!

つーか、ごめーん。冴えてなかったー(´・ω・`)ショボーン

f:id:pippirail:20171216172213j:image

それを斜めにつけてから色塗ったら、マキダナーIVが遂に完成したよー!

 

ザクカラーが良すぎるよねぇ!

 

そして

 

帝国軍のスパイ「メッシュシールドのエネルギー効率が90%超えだとっ!あり得んっ!これは本部に至急報告して指示を仰がねば」

 

そのころライルは…

「メッシュシールドのエネルギー効率もCOP2017達成したし、あとは肉🍖調達班か」

 

「隊長殿っ!隣国より祝賀ビーフが届きましたっ!解凍済みですっ!長ネギの備蓄もたっぷりです。」

 

宴キタッー!

 

 

 

シャー専用マキダナー、水晶玉に映る未来

f:id:pippirail:20171214231717j:image

アッシュの執拗なクンクン攻撃に辟易しているとらおだよ。

 

さて新型モビルアーマー、マキダナー建造の続きだよ。

f:id:pippirail:20171215080537j:plain

さきに前回のサイドからスクリュー釘をで打ち付けた、ケラバ水切りに、ビス位置を先にマークしておいてと。屋根上から横に渡した受け材にビス留めする為ね。

 

そしたら、屋根材をプットオーン!

f:id:pippirail:20171215080609j:plain

両端をケラバに噛ませると、この通りっ!

f:id:pippirail:20171215080630j:plain

下から見るとこんな感じ。

 

そして持ち上げた屋根材を、専用のプラの留め具かましてコーススレッドでビス留めして

f:id:pippirail:20171215080656j:plain

からの〜危険作業。

 

この専用留め具、ビスの上にキャップできるようになってるのね。こいつを押さえてからハンマーで叩いて嵌め込むんだけど…

 

毎回この作業では、ボクの大事な親指族が何名も負傷するという、親指泣かせの超難作業なのだっ!

f:id:pippirail:20171215080715j:plain

そして、今回も親指の貴い犠牲のもと、遂に我々は屋根の取り付けを終えたのだった。

 

と、思ってた矢先!最後の最後で、ビス位置を一発ミスってしもたー!雨漏りがー

 

f:id:pippirail:20171215080741j:plain

で、でけた!まさかの朝の突貫工事でなんとかでけた。

 

「えー、引き続きましてー、マキダナー4号機のカラーリング検討会議を始めたいと思います。」

 

最初は、ライル標準マキダナーのグレーにしようかと思ってたのね。これは3号機。

f:id:pippirail:20171215100235j:image

「そうだVR力を駆使して塗ってみよう」(`・ω・´) シャキーン

 

こんなんでけました!

f:id:pippirail:20171214204440p:plain

「うむむ。2,3号機にも使われているライル標準色だけあって、シックで無難な感じ。床下の焦げ茶と、屋根の黒とのマッチングも完璧だよねっ!まさにゴールデンコンビだな。」

 

ただね、今グレー切らしてるんだよねぇ。この前買ってくればよかったんだけど、忘れてたお。

 

「そういえば、この夏実施した、『ベランダをハンモック部屋に改造大作戦』の、旧ザク塗料が余ってる!!!」

 

塗ってみると

「おお、これはこれでいい感じっ」

f:id:pippirail:20171214204559p:plain

「うーん。これも黒、茶、グリーンの組み合わせが素晴らしすぎる。さすがジオン軍の量産機に採用されているだけのことはあるなっ!」

 

「そういえばペンキのストックが他にも何色かあるんだった!」

 

赤塗ってみたらららら、

おおおお、

まさかのシャー専用マキダナーになった!

 

_人人人人人人人人人人人人_
> シャー専用マキダナー <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

「ば、バカな!収納量が量産型の3倍だとおおお!!!!」

※シャー専用機は全てのスペックが3倍になります!

f:id:pippirail:20171214204900p:plain

「いや待てっライル、塗る前によく考えるのじゃ!ワシが占って進ぜよう…水晶玉をここへ🔮」

 

通行人A「何あのマキダナー?色ダサくない?」

通行人B「てかまじ神社⛩。鳥居気取ってんじゃねー。キモっ、まじ死ねっ」

 

やばい。水晶玉から🔮衝撃の未来が見えたっ!

 

「シャー専用色を使いこなすには、何かが足りないのかも…」(´・ω・`)ショボーン

 

 

マキダナー四号機と、恐怖の暗殺者!

アッシュさん(犬族)の武装化イメージ。描いてる途中でモデルがアッシュさんではなくなったけど…

f:id:pippirail:20171212225942j:image

アッシュさんはボーダーコリーのミックスなのね。なので実物は黒が入るんだけど、迷彩色との兼ね合いから白い顔にしたくなって…

「これじゃブルテリアだ…」

 

そういえば写真整理してたら、とらおさん(猫族)の武装化タンクショットがあった…。

f:id:pippirail:20171213093207j:image

 

もともと先代の猫族トムさん用のモビルアーマーだったんだけど、とらおが引き継ぎました。

 f:id:pippirail:20171213092846j:image

そしてお星様になったトムさん(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

そして〜、今回も全くタイトルとリンクしてるようなしてないようなの本編に戻ってと。

 

ボクのマキダナー4号(初号機は大破)、量産型薪格納庫は、ついに屋根に登れるようになりますたー!(`・ω・´) シャキーン

 

「おお、なんというがっしり感!これで次のステージを目指せるっ!」

そして下には線路が🛤(๑>◡<๑)

とてもいいっ!

f:id:pippirail:20171213080207j:image

前回屋根の垂木つけて桟木までつけたたから…あ、垂木は縦方向の荷重をうける材で、桟木は横方向につけて屋根材の受けにする部材ね。

 

屋根を張る前に、屋根両端に板金受け用に、桟木の余りをかき集めて取り付けてと

「やばい、材木のストックがギリギリだった…」

1800mmぽっちを無理やり継ぎ接ぎでこしらえる羽目に(´・ω・`)ショボーン

 

その屋根両端の材に被せる板金。この部材名はなんて言うんだったかな…。ま。その『なんとか水切り』みたいな奴ときたら、どちらにせよ少し長さが足りないのね。

なので継ぐためのカットと、折曲げ用の切込み加工が必要をしなくてはっ!

 

「出でよ、シザーハンズっ!」

はい、ジョニーデップがとおりますよ〜

ほいで、チョキリンコっと

f:id:pippirail:20171213080622j:image

くるくるー

f:id:pippirail:20171213080632j:image

量産型くるくるーがこんなに沢山。

 

この鋼鉄くるくるーが見た目と違って侮れなくて、この恐怖のアサシンにかつて何度刺されたことかっ!

f:id:pippirail:20171213080653j:image

 

それを屋根に装着!

 f:id:pippirail:20171213094100j:image

うむ。

 

しかしだ、ここに来てiPhoneの電池が、既にかつかつパーセントのレードゾーン!

 

こんな時に頼みの回復ポーションがないという、緊急ウルトラ非常自体なんだけど、どうしたらいいの…(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

焚き火ステーキと、呪いの頭蓋骨!

f:id:pippirail:20171211233837j:image

なんで網に葉っぱがついてるんだ?

取ろうとしたら…

「網にしがみ付いてて取れない…ってかこれ、葉っぱに擬態した蛾じゃないかっ!」

ぎぇー、完全に騙されて、素手で触っちゃった。

 

 気を取り直して網置いて、土ついたままの長葱を炎のど真ん中に投入して、火炙りの刑じゃ!

f:id:pippirail:20171211233957j:image

でね、そとは黒焦げでも、一皮剥くとこの通り!

f:id:pippirail:20171211234024j:image

なかはトロトロのホクホクに蒸しあがってるの。ちょーうまい。冬はネギだよねー。何本でもいけるわ〜

 

ネギ祭りがひと段落したら、焚き火がいい感じになってきたよ。黒赤のコントラストがちょー綺麗。

f:id:pippirail:20171211235338j:image

しかし、写真撮るのに寄りすぎて、iPhoneカバーが一瞬でメルトダウンしたぉ…((((;゚Д゚)))))))

 

ガビーン!

 

気を取り直してメインのビーフをドーン!

今日も、いつも通りに桜の枝を燃やしてスモーキーステーキ仕立てで、味付けは塩胡椒のみのいつものスタイル。

f:id:pippirail:20171211235729j:image

そしてしばらく待てば、そりゃもうナイスな焼き上がり。

f:id:pippirail:20171212000112j:image

 

お肉を満喫したところで、以前骨董市で買ってきたチョッパーなブルック☠️の分離手術を始めるよ。

 

これ、なんでか知らんけど、木の根の空洞にシカの口が刺さっていて、セメントで固めてあるのね…

「安いから買ってきたけど、一体どういうセンスしてるんだか…マジで頭おかしい。どう見ても呪いそのものだぉ」

 

f:id:pippirail:20171212000402j:image

でハンマーとタガネを駆使して

f:id:pippirail:20171212001538j:image

取れた!でも割れた!(´・ω・`)ショボーン

 

と同時に封印されていた、邪鬼が拡散してしまった気もするけど、ボクにはそんなの見えないから大丈夫!

 

しかし、なぜ頭蓋骨と根っこをセメント合体したんだろうねぇ。謎すぎる。しかもなかに針金の鉄骨入りだったし、挿し方にセンスが無さすぎた。

f:id:pippirail:20171212001624j:image

「お、おじいちゃん入れ歯がおちてるよー」

f:id:pippirail:20171212001744j:image

分離できたので、この山賊の野営地のどこかにちゃんと飾りつけるとしよう。

 

 

 

お金を使わず、格安土地倍増計画!

f:id:pippirail:20171210111940j:image

おお、切った板材をレールの上に並べてみると!

「せ、せんろみたい!ホンモノみたーい!」

 

それな!最初から本物の9kgレールなんですぉ…

 

それじゃ薪棚。いや新型モビルアーマーの『マキダナー』作りの続きだよ。この後お得情報も待ってるよっ!(๑>◡<๑)

f:id:pippirail:20171210112341j:image

ぐるり床周りに2x6を回してビス留めしたら

f:id:pippirail:20171210112457j:image

半分は釘打ち。コーススレッドはせん断には弱くて、横に力掛かると軽く頭が飛ぶ!☠️んだけど、釘は粘りがあるからね。

なので併用する事で強度を稼ぐの。

 

この先床に入りにくくなるから、ここらで防腐剤塗っておいちゃうー

 

「げ、クレオソートが切れてた…買って来なきゃ。」

 

で仕方なくホームセンターに行くと!

「おお、あなたは伝説の勇者、スバル360殿ではございませんか!」((((;゚Д゚)))))))

f:id:pippirail:20171210174017j:image

さぁ、ほんじゃサクサク塗ってくよ〜

はいっ!でけましたー

f:id:pippirail:20171210174123j:image

塗装は塗りにくい所からが鉄則なのね。なので底から塗って、次にサイド塗って。

そしたら柱の間にも根太渡して、これもクレオソート加工

f:id:pippirail:20171210174240j:image

ついでに今回活躍してるトロッコにも🎶

f:id:pippirail:20171210174438j:image 

くぁwせdrftgyふじこlp

「げ、おかしい…思ってたのと違くなって…テカってる…」

 

通行人A「ぷっ、何、あの家具調トロッコ!ウケるー」

通行人B「だよねー、トロッコに家具調はないよねぇ、ばっかじゃねー」

 

_人人人人人人人人人人_
> 家具調トロッコ! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

ぐぬぬ…しまった…これじゃトロッコ界の笑い物だぉ。」(´・ω・`)ショボーン

 

_人人人人人人人人_
> トロッコ界! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

とにかくだ、勢い余って、また要らぬところまで塗ってしまったのだー!(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

ライルのばかばか!

 

 

トロのことは、後々なんとか死ぬ気でリカバリーするとして、我々は先を急がなくてはっ!(リカバリーできるのかっ?)

 

材木買った時、すのこ状に敷くから適当にって材木屋さんに頼んだら、どうやら足場板持ってきてくれたみたい。

ちょっと幅広すぎるから半割りにしてと

f:id:pippirail:20171210175424j:image

うむ。いい感じ。これなら風が抜けて薪も乾きそう

f:id:pippirail:20171210175659j:image

それをまた塗る!

f:id:pippirail:20171210175752j:image

サイドと底面塗ったらひっくり返してビス打てば、特設ステージの出来上がり!

 

「おお、我がライルランドの領土が増えた!」

 

そうなの、ここは斜面になってて今まで特に使い道がなかったの。でも今回の新造兵器マキダナーの配置に伴い、ライルランド的有効領土がいつのまにか増えてたのね!

 

「すごいっ。まさに土地転がしっ!」

転がってないけど…

 

「と、土地が増えたってことは金額換算すると…むふふ、ムフフフッ!一億万ベリーかっ!」

 

田舎だから、土地といっても大した価値ではないぞっ!

 

よーし、懐があったまった感の所で、一気に垂木も乗せてと。

f:id:pippirail:20171210180444j:image

げ、値札付いたままやないか…いい加減過ぎる…

f:id:pippirail:20171210180536j:image

もう暗くなってきちゃって見えないよ…

 

「おかしいな、今日屋根まで付けるつもりだったのに…」(´・ω・`)ショボーン

 

「隊長殿、そろそろ引き上げないと!これでは二次遭難の恐れが」

 「屋根までなんとか…土地が土地が…」

「お気持ちは分かりますが、いけませぬっ!このままでは、道具の撤収すらままならぬ事態になりかねませぬっ。御決断をっ!」

ぐぬぬ…ここまでかぁ。全軍撤退!急げっ。そして宴の準備をっ!肉をもてー」

 

🍖🍖🍖🍖🍖

 

お!肉は昨日やり損ねた奴だっ!(๑>◡<๑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マキダナLEGS、絵に隠された謎を追えっ!

f:id:pippirail:20171209215005j:image

いやー、ボクんちの猫りん🐈のとらおがね、薪ストーブつけると超特急でストーブ前駅までやってきて、リラックス始めるのね。

ここはとらおのベッドなのか、はたまた各種筆類保管場所なのか、もしくは万能洗濯物干し場なのか、ボクの秘密工具の隠し場所なのか。さて正解はどれでしょう?

 

さあ、大好きな工作タイムに突入だっ!

前回のセメントが固まった頃を見計らって、レーザービームで、正確な計8箇所レベルを測ってきたよ。

間宮のりんちゃんはタイムマシンで江戸に戻ったので⁉︎、ライルが腕を振るって高低差を表現してみたぉ!

題して「マキダナLEGS!」

f:id:pippirail:20171209215451j:image

売れないバンドみたいなタイトルでも、設計図が決まればこっちのもの!

「だが、ライルから届いたこれが、本当に設計図なのかっ!何一つ設計を伝える要素がない…だだの落書きではないかっ…」

「いや、ま、まさか、帝国軍のスパイに設計を漏らさんが為に、レベル測定結果をこの絵に隠して…なんということじゃ!」

「ライル、恐ろしい子…」

 

よし、暗号班この暗号を解読を急げっ!

「このサイズに、みぎあし、ひだりあしを切って並べろいうことかっ!わかったぞっ」

ギュイーンッ

f:id:pippirail:20171209220616j:image

そして絵に隠された、謎の暗号を解いた一行は、次なるクエストを目指してトロッコ移動だっ!

f:id:pippirail:20171209221203j:image

そして、立ててますっ!

f:id:pippirail:20171209221257j:image

おお、高さ揃ってる〜

「あの絵に隠された暗号は、正にこの事だったんだ!」

 

 

ちょうどその頃、古墳でお馴染みの、ボクの家の真向かいのマウントライル(古墳かつ紅葉畠)に、遠方から植木屋さんが紅葉買い付けに来ててね。

「水分けてくれんか…我が隊はもう何日も水を飲んでないのだ…」

「いいよいいよー、じゃ、こっちに来てっ」

f:id:pippirail:20171209221419j:image

「な、なんさじゃこりゃー!このオアシスからこんなに水が出るんかー!」

「これはライルが最近こさえた、最新式の錆びた消火栓風味の、散水用のスペシャルハンドメイド水道蛇口なんですぅ」

「ほぇぇぇ」

 

そことなく自慢話と水の物々交換があってからの〜

残りの地味な部材切り出しね…(´・ω・`)ショボーン

f:id:pippirail:20171209221950j:image

ここでの評価アピールはね、丸ノコの歯が一発で通らない角材が、段差なく切れてる所!

このピタッと感が気持ちいいよねっ(๑>◡<๑)

地味だけど…

f:id:pippirail:20171209222226j:image

そして合わせると、高さが完璧すぎる。

「ライル、恐ろしい子っ!」

あっ、2度目だっ!

f:id:pippirail:20171209222515j:image

だが光の当たる一方で…

 

「用無しになったお前らなど、もう用はないっ!邪魔だっ、即刻ここを立ち去れっ!」

実際邪魔になった、水糸張ってた木材を、金正日ばりに無慈悲に追放してっ(๑>◡<๑)てへぺろ

f:id:pippirail:20171209222758j:image

ぐるりと2x6の防腐注入材を回した。

 

「これで倒れないかな…」