ぴぴらいる鉄道事業部 トロッコ課!

ぴぴらいるが自宅の庭に15インチのゲージのトロッコ軌道を敷設する苦難の道のりを描いた感動のドキュメンタリー

アンモナイトと海老沢の行方!

今朝村人の枕でナゾの渦巻き状物体を発見したんだ。

f:id:pippirail:20171019093806j:image

「はっ、この巻きは!そして頭部にはヒゲ状の触手が伸びており…」

「まさか、生きたアンモナイト!」

ニャー(=^ェ^=)

 

 

そして未だに行方不明の海老沢事件について触れておこう。

 

事件の全貌が徐々に明らかになる中、非難の声は日に日に高まっていた。そして連日の新聞の見出しというと…

『史上最悪の海難事故発生か?』

『政府は緊急対策本部を設置』

『人為的ミスが原因か?WWF監督責任を問う声も』

『今後の海洋開発計画を見直しか?』

 

5名の精鋭もろとも、海老沢少尉(キングロブスター)を海難事故で失った代償はあまりに大きいものだった。

 

思い起こせば、2週間前に投入された5名の精鋭ヌマエビ、いやキングロブスターと共に、海老沢は帝国軍の海底基地に潜入していたのだ。その目的はトラファルガー・ロー潜水艇の奪還であった。

 

f:id:pippirail:20171019105903j:image


そう、彼らこそ海老沢少尉率いるライル王国の極秘精鋭部隊、通称EB-005小隊なのだ!

 

_人人人人人人人_
> EB-005小隊 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

エビだけにな…( ̄(工) ̄)

 

だか、すでにキング海老沢も、邪悪な魔水流にのまれて、お空のお星様になってしまったんだ、ぐすん…と思っていたその時!

 

「あれ?海老沢少尉っ?」

サササッ…(エビバック)

 

f:id:pippirail:20171019100024j:image

 

なぜ逃げる…解せぬ…( ̄(工) ̄)

 

「でもあれは確かに海老沢だった。」

 

だか帝国軍の水草農薬による毒ガス攻撃と思われる卑劣な掃討作戦により、いつしか部隊は全滅。そして部下を失った自責の念に駆られて、遂には記憶を失ってしまったのであろう…

 

「長官殿!」

 「ライルよ、今はそっとしておいてやろう…」

「海老沢中尉に敬礼!」

ビシッ!

「祝砲打てー」

f:id:pippirail:20171019100247j:image

「ドカーン」

 

というわけでハウル将軍の巨大武装キャッスル建造も少しずつ進んでるんだよ。牛歩戦術で。

 

f:id:pippirail:20171019092509j:image

 

家もこれで終わりかも

f:id:pippirail:20171019100432j:image

 

 

話変わって、電車に乗ったらね、ようじょが交代する運転士を見て一言

 

「おまわりしゃーん」

 

今日もホッコリした(*´ω`)

 

 

 

 

 

禁断の黒魔術と消えたキングロブスター

うちの水槽のキングロブスターが一匹にまで減っちゃって絶滅危惧種指定されて久しいのね。いつも生き残ってるのはこの自称『海老沢くん』一名な気もするけど…

 

で村人に隠れてコソコソと水草増やして、エビ(キングロブスター!)を5匹追加投入したのが2週間前の話。このたあいもな無い水草とエビの異世界召喚には数千万ベリーかかってるという噂だよ。ため息が出るよね(`・ω・´) シャキーン

 

あれ?「たあいもない」「たわいもない」どっちが正解?そういえばこの間「シュプヒレコール」だと思ってたものが「シュプレヒコール」だっと知って衝撃を、受けたんだった。あれ?書いてるうちにわからなくなってきたから小声でごまかす作戦で行こう(`・ω・´) シャキーン

 

「だかだ!なんだこのていたらくは!」

 

 エビは真っ赤なボイル色になって腐乱死体になってるわ、水草はプカプカ浮いとるわ…あちゃー🤷‍♂️

 それに、なんだこの「あちゃー」マークは!

 

そんなこんなで、WWFの緊急要請によるライルの絶滅危惧種サルベージクエスト開始だよっ!

 

まず、水槽をかばっと掃除してと、でこの浮いた水草どうすりゃいいのかな?

f:id:pippirail:20171017115737j:image

おせーてGoogle先生

 

>ポット入り水草の処理方法

>●ポットを外す

>●ウールを取り除く

 

「へ?初耳なんですが。買ってきたまま投入じゃダメなんですか、先生?」

「ば、バカモーン!」

「ぐはっ、ガバチョフ!」

グーで殴られた(´・ω・`)ショボーン

 

ポットはいいとして根っこに絡んだこのウールをピンセットでチマチマ、チマチマ…

 

またペーパークラフトに引き続いてのミクロの決死圏かぁ。はぁ。

 

f:id:pippirail:20171017114712j:image

三年の歳月をかけて、やっと取れた。(`・ω・´) シャキーン

※表現に多少の誇張があります。

f:id:pippirail:20171017120502j:image

でも水槽内には色々をそのままぶち込んだお陰様で、汚ったないゲル状の浮遊物がまだまだあるわけで。

 

でもポンプのフィルターの目よりデカイのだ。うまくいかんぬ…(´・ω・`)ショボーン

 

「こうなったら、あれしかないな。ライル必殺ー!」

 

その危険性故に長い間封印されていた禁断の黒魔術。そう。それは甘い果実。

 

やばい、興奮のあまり韻を踏んでしまったYO!チェキラッ!

 

「ライル必殺、ポンプのフィルター外しっ!」

「そして安全弁解除!からのー、イスカンダル特産コスモクリーナー発動!」

パカっとな、

 

「グハハハ、どうだ!みたか!巨大廃棄物全部まとめて一掃してくれるわっ!」

 

f:id:pippirail:20171017121120j:image

うん。とても綺麗になったお(ᵔᴥᵔ)

 

ʕʘ‿ʘʔ

 

(´⊙ω⊙`)

 

「ちょ、ちょっと待ったぁぁぁ!ヌマエビ、いや違った、キングロブスターがいないよ!」

 

まさかの事態に息を呑む一同((((;゚Д゚)))))))

 

ていうかライルのばかばか。久し振りに取り返しのつかないことをやってしまった…
そして排水、流した先はトイレだYO♪

 

「まさか、原因はフィル…

《ピー❗️自己防御モード作動中》

…はっ、帝国軍に誘拐されただと!くそー卑劣なやつらめ!」

 

明らかに禁断のフィルター解除が…という意見はあるにはあるが、それは闇から闇に葬り去ってと。

 

「海老沢くん。君との友情は忘れない。君の仇は絶対にとってやるっ!」

 

そしてローの潜水艦の入るスペースが全くなくなった。どうしましょう。オロオロ。

f:id:pippirail:20171017123552j:image

 

そして明日の晴れ間を逃すとずっと天気が悪いだとー!外作業出来ないじゃないかっ

 

老婆「呪いじゃー、エビ神様の祟りじゃー」

 

続く。

 

 

 

 

新規分譲住宅特別販売フェア開催中!※広告じゃないよ

ミクロの世界にようこそー。今日もお楽しみのチマチマ作業の続きだよー。

 

ひたすら家続く家づくり。本体は箱だから簡単なんだけど、付随する煙突やらチムニーやらエントツやら大量に必要でありまして…

 

f:id:pippirail:20171017001803j:image

でこのミクロの円筒を丸めて…細かすぎて見えん(>_<)

f:id:pippirail:20171017002118j:image

直径3ミリぐらいかな。

f:id:pippirail:20171017002207j:image

そしてドッキングステーション!

一棟出来た。この屋根の波波も手間なのね。2ミリピッチぐらいで折るという苦行なの。でもこれも修行の一環だから仕方ないの。

 

f:id:pippirail:20171017002254j:image

さて次はこういう角煙突のバリエーションもあってこっちはこっちでトップの縁が1ミリぐらいしかないミクロの箱を組み立てて(>_<)

 

いやー、煙突大好きなんだけど嫌いになりそうな…(´・ω・`)ショボーン

 

f:id:pippirail:20171017002527j:image

さて家2軒と、謎のシェイプの小部屋、物置大小あわせて5棟建ちましたぜっ!

 

家はパッと見た感じだとあと4軒。

家は終わりが見えてきたぞっ(`・ω・´) シャキーン

家はね…

 

「…えっ?」

ハウルの動く城とオームの群れ

このところ夜な夜なペーパークラフトにかかりっきり。前から作りたかったんだけど、絶版で入手出来んかったのね。

f:id:pippirail:20171015164648j:image

ちまちまとこいうのカッターで切ってはセメダインCでくっつけて

f:id:pippirail:20171015164816j:image

でこんなんできましたけど。

f:id:pippirail:20171015164859j:image

 でもまだ家がいっぱいあるの…

もうセメダインCの消費量がハンパない。この村のホームセンターに売ってるセメダインCはボクが全部買い占めちゃうかも!

f:id:pippirail:20171015164940j:image

むー、それにしてもまだ先は長い感じだし、なんか地味だなー。

f:id:pippirail:20171015165039j:image

外作業したいけど雨だしー。

 

でも、焚き火は大丈夫!だって屋根付きの野営地があるから!(`・ω・´) シャキーン

f:id:pippirail:20171015165859j:image

この間手に入れた楽しそうな本とともに着火!

※本は焼かないよ

f:id:pippirail:20171015165946j:image

「そしておじいちゃんの思い出の椅子をおもむろに燃やす!」

「え、ライルさんそれ燃やしちゃっていいの?あわわわ!」

「ふふふ、思い出もろとも消し去ってくれるわ!」

 

否、地面に置いてあって虫がつくから防虫効果を狙ってのことなんでしたー(`・ω・´) シャキーン

 

で軽く焦がしてると、煙を嫌がってワラワラと隙間から出てくる木に取り付いて潜んでいた虫ケラども

「オームが怒りで我を忘れているわ!」

「ライルさんや、それはダンゴムシじゃて…」

「なんて立派なオーム!」

「ダンゴムシ…」

 

f:id:pippirail:20171015170935j:image

そして焼けた!

 ※オームじゃないよ。

f:id:pippirail:20171015171037j:image

まあステキ!

※ダジャレじゃないよ。

 

 

 

 

 

空間魔法と秘められし鉄路の力

前回のあらすじ。

トロ姫救出に向かったライルは、立ち塞がる試練に行方を阻まれる。しかし遂に伝説のチェーンソー、『エクスカリバー』を手に入れ見事トロ姫救出に成功したのだった。

 

そして地球の平和も戻ってきたところで、早速倒した丸太の山を片付けることにしたライル一行はというと…

 

「いくつか斧で割ったんだけど、輸送に問題ががが…」

 

なぜかというとボクのトロッコ、実はフレームだけなんだよね…その度に適当な板渡して凌いできたんだけど

 

f:id:pippirail:20171005211934j:image

うーむ。いい加減ちゃんとフラットカーにしないと不便で仕方ないなぁ、と思い続けてはや一年(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

f:id:pippirail:20171005212255j:image

こんな感じにつけりゃ良いんだけど、彫り込まないと表面がツライチにならないんだよぅ。でもそういうのは面倒臭いんだ(´・ω・`)ショボーン

 

f:id:pippirail:20171005212503j:image

ても、思い立ったが吉日生活!今日こそやったるでー。今回のクエストはこれに決定。

 

ギュィーンとな。

f:id:pippirail:20171005212600j:image

面倒だからトロッコ形状のまま切り込み何個か入れてと。

f:id:pippirail:20171005212923j:image

のみでノミでガシガシ格闘すること30分。

f:id:pippirail:20171005213033j:image

でも嵌めてみたらピッタリじゃーん。

ライルやればできる子!

 

f:id:pippirail:20171005213110j:image

もう何んでも載せられる。しかも椅子を置いたら人車にもなる!

 

f:id:pippirail:20171005213206j:image

でここから本編。

ちょっと割った薪を横2列に並べて積んでみた。

 

「何という空間魔法!すごいよトロ姫!」

f:id:pippirail:20171005213323j:image

あとはバンバン割ってと。もみじの木は意外と割りやすい事も判明。

f:id:pippirail:20171005213427j:image

でかい薪もこの通り。

 

ズドーン!満載だ。

あれだけあった薪の山が一瞬で亜空間に収納されて片付いたの薪!

f:id:pippirail:20171005213502j:image

タイヤのカートじゃ揺れで落ちるシーンが、レールの上だからこそできる満載トロッコの図。

 

「これが押すだけで軽く動くってのはまさに魔法。」

 

ロッコ素敵。一家に一台な時代が来てる。

 

さらにここに1/3スケールぐらいの制動係の人夫さんが乗ってると林鉄っぽいよね。

その絵たまらん。妄想で、よ、ヨダレが…(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

※アルバイト募集

ピピライル森林鉄道では事業拡大に伴いホビット族のトロッコ作業員を若干名募集します。

作業内容 : トロッコ輸送の制動人夫

応募条件 : ホビット族に限る

給与待遇 : 骨つき肉の食事支給あり

 

ビバ1/1スケール模型。そこに有るだけで楽しいっ(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

クエスト攻略と幽閉トロッコ

いやー、そういえばボクのブログ、トロッコ建設ブログなんだった。

メインクエストすっかり忘れてた!(๑˃̵ᴗ˂̵)てへぺろ

そして古より、何か物事を始めるには、失われし必須アイテムを広大なライルワールドから探さればならないって伝説があるんだよね…毎度毎度の難関クエストだよ。

で今回のサブクエストはチェーンオイル。あんなでかいボトル無くさないだろって思うんだけど…

実際もう何日も探してるのさ(`・ω・´) シャキーン

「絶対あるはずだし、使い切ってないはず。なんでどこにも無いんだ…もう思いつくところは全て探したのに…」

「しかもこれをクリアしないとメインクエストが進まない。困った。」

はっ、ドラゴンボールと一緒で一回使うと世界に飛び散っちゃうんだ!きっとそうだ!ライルワールドの理なんだ。決してボクの管理不行き届きじゃないんだ!ヾ(・ω・o) ォィォィ

こんな無理ゲー諦めて買ってこようと思ってたん 矢先、やっと見つかりましたよ。オイル。うん。凄く意外なところから…(๑˃̵ᴗ˂̵)

「そう言えば確かに、前回何を思ったか、石窯の向かいのウッドデッキの下に日に当たらぬよう置きました。みなさんごめんなさい。」

ライルはチェーンオイルを補充した。

チェーンソーが復活した!

ライルはチェーンを研いだ!

そしてエクスカリバーに進化した!

へ?

「よし、やっとチェーン、いやエクスカリバーを使えるようになった。バリバリ切ってトロを救出するんだ!」

まずは野営地に使った余りの枝がゴロゴロして、芝の刈れないこのエリアから。

サクッと片付いた!(๑˃̵ᴗ˂̵)

「チェーンソーとチェーンオイルさえ、いやエクスカリバーさえあればこんなものっ!はっ、⛓なんだこの謎のルーン文字は!」

自分でもどうやって⛓変換したのか分からないんだけど…

「謎は全て解けた。犯人はチェーン、貴様か!」

ジャッキー⛓へんかーん!

「おお!使いこなしておる!」

あいほん以外でまともに見える気がしないルーン文字は横に置いといてと(>_<)

さぁ、気合いを入れて遂に本丸突入だっ!

「このログジャムの奥深くにトロ姫が幽閉されているはず!今助けに行くからね!帝国軍め、ひどいことをしやがって!」

「我が意に応えよ、エクスカリバー!!!」

※叫びながら切るとチェーンソーの切れ味が二割り増しになります。

そして迫る敵を唸りをあげるチェーンソー改め、エクスカリバーでバッタバッタと出勤前になぎ倒し!

ついに幽閉されたトロッコとの再会がっ!

「トロ姫ー!」

「ライルー!」

「あ゛い゛た゛か゛っ゛た゛よ゛ー!」

(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

※ストーリー上の都合により、トロは姫化しました。

しかしこっからみると草屋根がだいぶ生えそろってきたにゃ。

思い起こせば、もらってきたヒメイワダレソウに敗れ、買ってきた高麗芝に敗れ、もう一度リトライで買ってきたヒメイワダレソウに敗れ…

で最後に試したのは近所のため池周りに自生してた多肉系植物。

多肉ちゃん素敵すぎ。

古代兵器と封印の鍵

今日も暑からず、寒からず、カラッとして雲1つないこの陽気は、今年のベストウェザーオブザイヤー確定かもしれない(๑˃̵ᴗ˂̵)

で磁石でくっつくスパイスラックをこないだから作ってるんだけど、そのくっつけ先にしようと引っ張りだしてきたのは古いキャンプ用鉄板。

でもそれ歪んでるのね。なら板金しようと思って取り出したのがこちら!

「長老様これは?」

「ライルよ、これはかつて失われた技術で作られた古代兵器じゃ。」

「古代兵器?」

「そうじゃ。一度火を吐くとその爆炎は鉄をも溶かすという。」

「でもそれがなぜ…」

「今では誰一人として火のつけ方がわからなくなってしもうたんじゃ。失われた文明と共に技術も失われてしまったんじゃな…」

そう、これはもう何年も前に、閉店セールの古い金物屋から掘り出してきた新富士バーナーの古そうなガソリンバーナー。カッパーボディーがカッコいいから思わず大枚叩いて買っちゃったけど…

でその後ライブスチームのボイラー製作も頓挫したままになってて、まだ一度も火を入れてないシロモノ…(´・ω・`)ショボーン

だかだ、今日こそつけたるでー!

そうだ、買った時ホワイトガソリン切らしてたのも試運転がここまで遅れた理由だった。

でフムフム。底からガソリンいれてポンピング! あれー手応えが全くない…

「こ、こいつ。イかれてやがる…」

なんかポンプの革の弁に隙間がある感じな。そもそもこれ初めての道具だし、使い方がよくわかってないんだけど。

早速バラしてみた!

弁の表裏返せば行けそうな感じっ!

そしてー、

「おお、弁に圧を感じる!」

からのー、

「総員に告ぐ。第1種戦闘配置につけ。機関室。余熱弁オーン!」

「こちら機関室。余熱弁オーン!」

「余熱弁、出力80、90…」

「行けるか?」

「いや、行っけー!」

「余熱弁、臨界点達しました。出力全開120%」

いや、全開は100パーセントじゃないの?てかそもそも熱機関常時レッドゾーンまで全開運用したら危なくね?

「うわぁ!こちら機関室。余熱弁開けたらガソリンぶっかかりました。余熱弁オフ!機関緊急停止!」

てか濡れた。ガソリンに。

うーむ。説明書には

『余熱バーナーのバーナーのハンドルを回すと霧化混合ガスが出てきます。』

って書いてあるんだけど、実際にはピュッピュッってエロい感じにしか汁が出ないんだけど、どんだけ〜

てかガソリンを汁言うなっ!

「ふふふ、わかったぞ。恐らくはさらに加圧トレーニングが必要なんだ!」

プシュっとな。

でもだめやーん。同じやーん。まだ汁やん! (´・ω・`)ショボーン

「動かせないのは何か秘密があるに違いない。恐らく何か邪悪な魔力で封印されているんだ!でも何か謎を解く鍵があるはず…」

そしてとらおさん。なんで外に出てるだ?